スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

5.03 TSUTOMU ISHIZUKI presents VVS1. 2015 〜キネマ倶楽部の変〜 / 東京キネマ倶楽部

2015050319530000.jpg
久しぶりに遠征日程が合ったので、石月氏とMERRYの2マンライブも観てきました。
なんだか不思議対バン、と思っていたのだけれど、MERRYのベーシスト・テツさんが努くんと20年来のおつきあいらしく、そういう縁での2マンだったようです(小耳に挟んだ情報によると、テツさんがFtCのローディーしていらっしゃった? テツさんは現在療養中なので、「今度はテツが戻ってきたときにまた一緒にやりたいね」というようなことをアンコールのセッション時に言っていらっしゃいました)。


〈MERRY〉
 10曲演奏。メリーさんは何度か2〜3回対バンで観ているぐらいなのですが(直近は数年前のAngelo主催)、ボーカルのガラさんが墨を吐いてるイメージとか、お立ち台で倒立されているイメージとかもありつつ、哀愁系なイメージなのですが、ここまでメリーファンの方に囲まれてライブ観るのは初めてだったかもしれない(なんの偶然か、そんなに前ではなかったのに、まわりはメリーファンの方々ばかりだったようで)。

キネマ倶楽部はステージが見やすくて、ドラム位置が高かったこともあってか、ドラムのネロさんがよく見えたのですが、ネロさん、立ち上がりながらドラム叩いていたりとか、スティック高く投げてキャッチしていたりとか、とても目を引くパフォーマンス。観ていて楽しいドラマーさんだなぁ。

絶望を唱和する曲で、ガラさんが桶に入った水を柄杓で撒き始めたのにはびっくりしたw
「石月さんのファンの方、怒らないでください」みたいなことも言ってらっしゃったような気がする 笑。

フロアのノリの一体感もすごかったです。メリーで折りたたみがあるのにはびっくりした。

最後の、捌ける前のガラさんの、お立ち台の上で三点倒立してからの、両足で拍手(拍足?)していらっしゃる姿もすごかった。


〈石月努〉

ENEMY
MY WAY
SNIPER
-MC-
新曲
RUSTY EMOTION
ADDICT
DANCE DANCE DANCE
Shang-Hi-Baby
LOVELESS
-MC-
向日葵
365の奇跡

若干記憶に自信がないのですが、セットリストはこんな感じだったかなー、と。
新曲前のMCでは、「こういうことを話しているのは緊張しているからです。新曲やります」みたいなことも話していらっしゃった。

LEVINちゃんが右手左手で同時にドラムスティック回ししていらっしゃったのにもびっくり。メリーのとき、ネロさんがスティック投げる高さがものすごく高いことにもびっくりしたけど、LEVINちゃんも負けじと投げてキャッチしてる。天井高いとそういうところも遠慮しなくていいからか。

個人的に久々聴く曲も多くって、わーい、ってなってました。努くんのライブは、とても心穏やかに観れるし、思い思いに楽しめるし、歌を1人1人に届けようとしてくれてるのが感じられる。
ちょうどいま、amber grisが解散へ向けて旅を始めたところだし、最近、解散を発表するバンドが多くって不安だったりする。いま、バンギャルなわたしの心の大部分を占めているシャンティやリザードだって、いつかはそういう瞬間が来るとは思っている。
それらをすべて見届けてから、バンギャル的余生はきっとこんな心持ちでステージを観ることになるのかな、ってしみじみ思ったりしてました。
キリトがソロのときに言っていた、ソロは解散することもないから最強、って言葉を思い出したりもして。

…うまくまとまらないですが、この日努くんのライブを観れたことで、気持ち的に救われた部分があったのは事実です。


〈セッション〉
 石月努バンドにプラスして、メリーからガラさんをお迎え!
ガラさんたちからのリクエストで選曲したらしいのですが、FANATIC◇CRISISのSLEEPERと火の鳥!
まさかここで聴けるとは思ってなかったからうれしかったー!

ほんとうは黒い太陽とかもリクエストされていたらしいのですが、あまりにもマニアックすぎるだろう、ということで、努くんにリクエストを届けるのを迷われていたそうです 笑。
SLEEPERと火の鳥はメジャーデビュー後の曲だし、盛り上がる曲だから素敵選曲!

セッション終わって、カーテンコールしよう、ということでステージに呼び込まれていたメリーのメンバーさんですが、ネロさんが、「ブレイクアーウト」って叫びたくなった、と言ってらっしゃったのも楽しかったですw

そんな感じで、素敵2マンでした☆

5.02 The Benjamin主催 / 高田馬場AREA

2015050220380000.jpg
なんの因果か、3週間連続で出没しているAREA。先月まで、都内はEDGEが多かったので、久々にAREAな感じでした。
AREAはなんとなくカミテの2段目が好きで、特段の理由がなければ2段目カミテにいてしまう。

この日の模様はミネムラさんが司会をしているヴィジュアル刑事Zで放送されるそうで、開演時間になってステージが明るくなると、登場したのはミネムラさんと(たぶん)ツブクさん。
ヴィジュアル刑事Zのオープニングとなる場面を収録して行かれた 笑。


〈サウイフモノ〉
 7曲演奏(だったはず)。ここは登場SEがゲームミュージック(RPG的な)だからわかりやすい。ヒロバッキーさんが青髪じゃなくなっていることにびっくり。
 かなり久々に観たのですが、聞き覚えのある曲もあって、うれしかった。ボーカルさんの歌声いいなぁ。妙に「イェス」連発されているのは気になる 笑。上ギさんのフレーズで、おっ、と思ったのがいくつか。


〈Chanty〉

お粗末
おとなりさん
真相
やんなっちゃう
monorium
絶対存在証明証
ミズアンバランス
「C」

すっかり曲数に換算されるようになった楽器隊セッション(とわたしが勝手に呼んでいた)お粗末。
アルバム発売後初のライブだったから、どんなセトリでくるんだろう、と思っていたのだけれど、アルバム曲も自然と溶け込んでいるように感じる流れでした。

"真相"は春爛漫ツアーでの仙台郡山ぶり。都内で演奏されるのは初とのこと。仙台郡山ではどんなノリになるんだろう、と探り探りだったけれど、この日はサビがタオル回しになっていたのにびっくりした 笑。
ライブで化ける、とはまさにこういうことなのかなー、と思ったり。音源聴いてからだと感じ方がやっぱりちがう。
初聴きのときは、どういうシチュエーションの曲なんだろう、ということが気になるので、曲調か歌詞か、どちらが記憶に残るかは時と場合によってちがうのですが、その両方が頭に入ってからライブを観ると、安心してステージ上の光景に重きを置くことができるような気がします。

"やんなっちゃう"が終わってから、"monorium"が始まるまで、ステージが暗くなってからの静寂。
そこから始まった世界は、ひかりにあふれているけれど切ない世界。
最後の「真実なんてこれっぽっちも伝わんないんだよ」あたりで芥くんがくずおれるように膝をついて、歌い終わってからも俯いたままのアウトロ。
曲調に反して、追い求めていた淡いひかりを掴むことができない絶望感に苛まれるような切ない曲。
メロディが光で、歌詞が闇なのかな。
amber grisで「光と光と光と光と闇の物語」と称される"wishstar and sunlight and darkness"を思いだした。闇があるからこそ、光はかがやくことができる。

新曲に特化した感想になってしまうけれど、そんな切なさを感じつつも、「C」終わりでふわっと幸せな気持ちになれるライブでした。

最後、成人さんがステージに残ってワンマンツアーの告知していかれたのも印象的。


〈LIPHLICH〉

猫目の伯爵ウェンディに恋をする
マズロウマンション
Room 612
月を食べたらおやすみよ
 -MC-
MANIC PIXIE
My Name Was

うっかり"ミズルミナス"だと思ってしまった"月を食べたらおやすみよ"。ちょっと曲名うろ覚えになってきているのがあるから、LIPHLICHもちゃんと聞き込みたいな、と反省する2週目です…苦笑。

登場から猫の鳴き声、マズロウマンション、612。やっぱり伯爵はマズロウマンションと関わりがあるのかなぁ。元は人間だったのに、人間をやめて猫目の伯爵になったのかな、と思う。
Room612のあとは雨音。ミズルミナス、という囁き。繰り広げられる世界に呑まれる。

MCでは、久我さんが「ヴィジュアル刑事Z」を「ミネムラ刑事Z」と言い間違えるハプニング。新井さんからつっこまれ、ご自分でもツボっていらっしゃる。「すみません、すみません」と苦笑い。

リフリッチが登場した回が前日放送されていたらしくって、「昨日放送されたの見ましたか?」と訊ねるも客席無反応。やっちまったか、とここでもまた苦笑い。「今日再放送があるので」と言いつつ、お昼の放送ですでに終わっているということで、ずぶずぶと泥沼スパイラルに陥る久我さん。

久「再放送、一週間ぐらいあるから、自分でも見たいな。タッキー、録画しといてよ」
新「い、いいけど、ここで言うこと? 楽屋でよくね?」

(例によって、ニュアンスでお楽しみください)

久「今日の、"HEY YOU! LOVE ME?"って(イベント)タイトルいいですよね。『ちょっとそこのおまえさん、愛をちょーだい?』ですよ」

ちょっとそこの〜の言い回しがツボりました 笑。


〈The Benjamin〉
 7曲演奏(だったかな)。MCのときとかのSEが、「ベン、ベン、ベンッジャミン」と、リズムのよいSEで、あれ、頭から離れなくなる 笑。
ミネムラさんが真ん中なんだけど、必ずしもミネムラさんが歌っているわけではなく、ベースのツブクさんが歌っていたり、全員で歌っていたりして、不思議な感じ。
手拍子曲多め、初見でも安心して観れる感じで楽しかった。
MCは、さすが、って感じでした。

ミ「7月22日に1stシングルをリリースします。タイトルは『ベーゼ』って言うんですけど」

うっかり、在りし日のBAISER(ってバンドがいたんです!)を思い出してしまうわたし。

ミ「ベーゼ、日本語で言うと、キッス」

みねむらさん、それ日本語じゃないですw(その後、口づけね、とちゃんと日本語でも言っていらっしゃった 笑)

ディアラヴィと近い雰囲気のノリだなぁ(MC含めて)と思ったのでぜひディアラヴィと対バンしてほしい、と思ったら、すでに対バン決まってるんですね! 超カオスそう!(誉めてます)


〈セッション〉
 ベンジャミンさんのアンコールで、各バンドから代表者呼び込み。サウイフモノメンバー全員(たぶん。全身白タイツの人が謎)と、シャンティからは芥くんと、リフリッチから新井さんと渉さん。
呼び込まれ登場した渉さん半裸w しかもミネムラさんの肩に手を置いてしなだれかかってるw 目が離せないwww
ミネムラさんの右側にヒロバッキーさん、左側に渉さんで、ミネムラさん、「気持ち悪いんですけど」言ってたw

それぞれの代表者と話もしていらっしゃって(例のごとくニュアンスでお楽しみくださry)

ミ「どうもどうも、出身が同じなんですよね」
芥「そうです、同じ長野で」
ミ「長野のどちらですか?」
芥「(ちょっと間があったのは、地域で答えるか町名で答えるのか迷ってたのかなー、と)…佐久です」
ミ「ああ、そっちのほうですか」
芥「長野市だからって、馬鹿にするなよ(若干やさぐれ口調)」
ミ「長野市からすると、佐久は下の下(フッ)」

なんだか、会話に反して和やかな空気でした 笑。

芥「いつか長野で2マンしましょうよー!」

とのことですので、ぜひ実現してほしいです。

そしてリフ。新井さんは、ミネムラさんが以前やっていた諦〜アキラ〜というバンドのボーカルさんとバンドを組んでいたことがあるそうで、

ミ「諦秀虎の悪口とか」
新「言ってない言ってない」

ミ「SNS怖いですからね。書くなよ〜。ベートーベンのナヲキさん、めっちゃ見てるからな。そんなに見る暇があるのなら書き込め、ってぐらい見てるからな」

とのことなので、ツイッターには書いてないよー 笑。

ミ「悪口、盛り上がりますよねー。beaUのボーカルの話とか(ヒロバッキーさんへ向けて)」
ヒ「言ってない! 言ってない!(めっちゃマジ)」

…まさかここでジュンノの名前(を示唆する言葉)を聞くことになるとは(おもわず反応してしまったわたし)。

そうだよね! ミネムラさんもジュンノも長野出身だもんね!(+芥くんといい、キリトといい、どうしてわたしの好きなボーカリストには長野出身者が多いんですか。なんなら、みったまといい、はばきさんといい、愛媛出身者も多いよどうして)

演奏曲はブルーハーツのリンダリンダ。

歌い出しはヒロバッキーさんに任され、「♪ひろばーっきーのように うーつくしくなりーたい」と歌わされる。
渉さんがカミテのスピーカーと妖しく絡んでいたり(ステージ上ではそれ以上脱いでいないけれど、もはやただの踊り子ストリッパー)、間奏部分で全身白タイツの方と芥くんが渉さんと妖しく絡んでいたり、新井さんが歌っていらっしゃったり、ステージ上がわちゃわちゃしていて、もはやどこを見たらよいのかわからない状態。超カオス。

サビの「♪リンダリンダ〜」が拳回しだったり、ノリも楽しかった。


カオスすぎるけれど、全体通してとても楽しいイベントでした♪

5.02 Chantyインスト / 渋谷ZEALLINK

アルバム"Chantyの世界へようこそ"が発売されてから、わたしが参加するインストアイベント1ヶ所目。

ミニアコースティックだったので、できれば行きたいと思っていたものの、GW価格の飛行機と13時スタート(夜バスの遅延が怖い)に怖じ気付き、どうしようどうしようと迷いに迷っていたのですが、CLOWD主催のときに感じた違和感が怖かったのと、横浜に7時頃到着予定のライオンズエクスプレスという手があった…! ということに気づいてインスト&ライブ(4マンだし!)の遠征をキメました。おかげで今年のGWは、東京2日間、名古屋3日間という訳のわからない日程です…笑。
(しかしライオンズエクスプレスは業績不振が理由で5月17日をもって運休になるとか(西鉄ホームページ参照)。わたしにとっては今回が乗り納めかな)

パセリ
とある星空の下
赤い糸
(乾杯/長渕剛 の一節)

投票で決める演奏曲、ということだったのですが、当日購入だったためか、わたし、リクエスト用紙もらってなかったよ…笑。
だけど、リクエスト、赤い糸かパセリにしようと思っていたので、聴きたい曲聴けてうれしかったです。

1位は"赤い糸"だったそうで。
CDとは違ったアレンジ("赤い糸"の「過去と未来をつなぎ合わせた真ん中あたりで待ち合わせしたいな」がアカペラになっていたり、メンバー同士の演奏の呼吸感が伝わってきたり。成人さんがカホンを使っていらっしゃったから、ギター隊と合わせたタイミングも目で見ることができて、そういうところもうれしかった)だったり、ハプニング("パセリ"の途中で芥くんが歌詞飛ばして、成人さんが芥くんを見たタイミングで「そんな目でこっち見ないでよ」の歌詞がやってきたから、成人さんの頭をペシッてして、その手で自分の視界を隠していたり、"赤い糸"のイントロでシアさんの奏でた音が攻撃的なギター(半音上がっていたそうで 笑)になっていたり)だったりもあって、いつもとは異なる雰囲気を感じられたのもよかったし、あの空間でのアコースティックライブはとてもあたたかいので、もっと長い時間あったらいいのに、とも思ってしまいます。

もっと長い時間、っていうのはメンバーも言っていらっしゃったし、ワンマンあたりでもできたら、というようなことを言ってらっしゃったので楽しみ!
1stワンマンではピアノアレンジの曲があったけど、バイオリンと共演もやってみたい、とは芥くん談だったので、ReNYが楽しみですよー!
(ちなみに長渕氏の"乾杯"は、赤い糸終わったあと、芥くんがなんらかの流れで「かんぱーい」って言って、「もう少し時間あるんじゃないかな」と千歳さんが乾杯のイントロ弾きだしたことに起因します 笑)

今日はメンバー制服姿で、文化祭みたい、って言ってらっしゃったからか、パセリ後のMCは「学生時代にモテてたか」。
(言い回しなんかはニュアンスでお楽しみください)

芥「文化祭関わらずモテてただろう人が(シアさんへ注がれる眼差し)」
シ「…文化祭のあとは、モテてたね」

この手の話、決して否定はしないシアさん。さすがイケメン 笑。
というか絶対、文化祭関わらずモテてたと思うよシアさんは!笑

芥「野中くんは、気づかなさそうだよね」
野「めっちゃ気づいてる」
芥「気づかれなくて涙を呑んだ女子が結構いそう…」
野「めっちゃ気づいてるって。ただ、気づかないフリしてるだけで、めっちゃ気づいてる。めっちゃ見てる」

そんな野中さんは男子よりも女子の数のほうが多い学校に通っていたそうで、女子怖かった、って言ってらっしゃいました(車で送り迎えのあるようなお家柄の方がいらっしゃったそうで)。

芥「成人くんは?」
成「高校のときの文化祭でディル歌ったときは、バンギャルちゃんがいたから、うおー、って盛り上がったね」
芥「そうじゃなくて、モテてたかどうか」
成「文化祭のあとは後輩からモテてたね。同い年の子からは白い目で見られてた 笑」

この流れがあったからか、次の"とある星空の下"に入るとき、イントロ聴くとディルのアクロの丘(♪あの丘で)を思い出すそうで、さわりを歌い出す芥くん。
芥のお兄さんは、ラルク好きのイメージが強かったので、まさかディルも通じるのか、と驚きを隠せないわたし。もしかして、ぴえろも通じますか…!?(落ち着け)

芥「千歳くんは」
千「モテてませーん(やさぐれ)」

今日の千歳さんは、妙にアイリッシュ言われてた。

あと印象的だったのは、最後の一言ずつのとき、他のメンバーはアコースティックのことにふれるのに、シアさんだけ、外は暑いから熱中症に気を付けて、って言ってらっしゃったことでしょうか。

このあとのライブも楽しみですよー。

ライブ参戦予定―2015.5月―

そして、カオスな5月のスケジュール。


5.02 Chantyインスト&The Benjamin主催(東京)
5.03 石月努 × MERRY(東京)
5.04 amber grisインスト(名古屋)
5.05 amber gris(名古屋)
5.06 amber gris(名古屋)
5.09 amber gris(大阪)
5.10 amber gris(大阪)
5.12 amber gris&amber grisインスト(福岡)
5.16 amber gris(仙台)
5.17 Chanty(東京)
5.22 Chanty(広島)
5.23 Chantyインスト(広島)※未確定
5.24 Chantyインスト&Chanty(福岡)
5.27 amber gris(東京)
5.30 Chantyインスト&Chanty(札幌)
5.31 Chanty(札幌)


というわけで、amber grisのラストツアーが始まります。いま観ておかなければ、と切に思うので、日程的にちょっと厳しい新潟以外は行くつもりでいます。

そして、Chantyの初ワンマンツアー。こちらは全通する予定。楽しみで楽しみで仕方がないのです。

だからこそ、個人的にちょっと不安になるところもあって。

わたし、初めて全通したのはboogiemanの邂逅goツアーなのですが、大好きで仕方がなくて全通して、つぎのライブも楽しみだなー、と充実感でツアーを終えたその月にジュンノが脱退する、という事態になったわけでして…。

心の底から楽しみで仕方のないツアーで、規模もおなじくらいなので、そのときのことがフラッシュバックして若干こわい。だから無理矢理、だけど高崎入ってないし、とか、新潟はリバーストじゃないし、とか、異なる点を自分自身に言い聞かせてみている。

シャンティはその先のスケジュールも決まっているし、だいじょうぶだと信じてるのだけど、ね。

トラウマ的な不安が、払拭されるツアーになるといいな。

そんな感じで、5月はさわやかに駆け抜ける!

ライブ参戦予定―2015.3月&4月―

すでに4月下旬だけどね…!笑

2月末〜4月始めにかけて、業務がバタバタしていて仕事かライブか、な毎日を送っておりました…笑。
ようやくポメラ立ち上げる時間と気力が生まれてきたので、更新していなかった2ヶ月分を更新。
わりとひどいスケジュール。


3.01 AR Tour(福岡)
3.10 ТesЯoa主催(浦和)
3.13 amber gris × LIPHLICH(東京)
3.14 VISULOG主催(仙台)
3.15 VISULOG主催(郡山)
3.20 カラット(大阪)
3.21 VISULOG主催(岡山)
3.22 VISULOG主催(福岡)
3.23 VR Tour(福岡)
3.26 Chanty特別公演(東京)
3.28 LEZARD(福岡)
3.29 LEZARDインスト(福岡)

4.02 BIOSPHIA(大阪)
4.04 LEZARD(仙台)
4.05 beauty tricker(東京)
4.12 LEZARD(大阪)
4.17 CLOWD主催(東京)
4.18 LEZARD(東京)
4.20 Chanty特別公演(東京)
4.24 Yeti × Chanty × LIPHLICH(東京)
4.25 amber gris(東京)


4月から、職場係の体制がわりとひどいことになってしまった(上層部はいったい何をお考えで…!)わけなのですが、それに比例するかのような無茶っぷり 笑。
だけどおかげで、週末ライブだからがんばる的な前向きな感情になっているので助けられています。

3/10のテスロアさん主催では、約一年ぶりに覇吐さんのステージが観れたり、VISULOGさんの主催ではシャンティがお目当てだったわけなのですけれど、イエティやガチャロッカが観れたり。

観光も充実していて、岡山では念願の備中松山城(日本一標高の高い城)に登ったり、仙台の日に一関の石と賢治のミュージアムまで足を延ばしたり。
まだまだ行きたい場所もたくさんあるから、遠征でいろいろな場所へ行こう、という気にさせてもらえるのがとても楽しいです。

もうね! 来月はアンバーのラストツアーとシャンティの初ワンマンツアーでスケジュール超カオスだからね!(これ以上か…!)

週末遠征が続きますが、一日一日を大切に過ごしていきたい次第です。

ライブ参戦予定―2015.2月―

※非公開のままアップしそびれてたので、そのままの日付のままひっそりアップ

さてさてすっかり2月も10日ちょっとが過ぎてしまいました。早い。
今月は仕事的ななにやらとプライベート的ななにやらがあるので思いとどまっている部分もありますが(本当か?)、こんな感じのスケジュール。
ひょっとすると、月末に増やすかもしれない(2.28 Dear Loving(福岡)が増えました)。

2.01 Chantyインスト & VISULOG主催(名古屋)
2.05 Crimson Shiva主催(福岡)
2.07 Yeti×Chanty「家シャン」(名古屋)
2.08 Yeti×Chanty「家シャン」(大阪)
2.10 Yeti×Chanty「家シャン」(東京)
2.19 カラット主催(福岡)
2.24 Angelo(横浜)

8日、もともとamberワンマンに行くつもりでFCチケ取っていたのですが(今回のワンマンツアー、FCチケ申し込みの段階では福岡の日は研修で都内出張の可能性大だったし家シャンツアーもまだ発表されていなかったので、行けそうなのは新宿しかない、と思って)、先月末にYetiの荒牧さんの脱退が発表されたことと、先月の京都大阪ライブ終わったあたりかな、Chantyのライブが楽しくて楽しくてたまらなくて、毎回セットリストに込められた想いが異なるから、できるだけ見逃したくないな、と思っていること、くだんの研修申込で落ち、福岡ワンマンに行けることになったので、えいや、っと大阪を選びました。

…まあ、その後アンバーがその日発表があることを発表したので、またしても後ろ髪を引かれることにはなるのですが(そしてその日の発表の内容が解散だったという…)、まあ、それはまた、別のお話。。。

わたしのなかで、Chantyの存在がずいぶん大きなものになってきたなぁ、と思う今日この頃です。キリバは譲れなかったけど(シャンティ初浜松の日だから揺れた)、可能なかぎりライブに足を運びたいし、初めての場所でのライブには居合わせたいな、と思ったりする。楽しくって幸せでたまらない感情をもらえるから。
1回として同じライブはないし、その日しか観ることのできない瞬間だってある。だから、できるだけ見逃したくないな、って。

カラット主催の日は業務的に絶対にやらなきゃいけないシステム的な処理が翌日にあるから、その準備で定時離脱は難しいかもなのだけれど、せめてカラットだけでも観れるといいな、と思います。
カラットも解散発表しちゃったし、たぶん、この日が、わたしがカラットを観れる最後の日になると思う。
解散ライブの日は、前日にBIOSPHIAの解散ライブで半休取るし、こちらが発表も、観に行く決意固めたのも先だったから…。

もう、スケジュール的にすでに年休残日数を緻密に計算していかなければならない段階なので(6月まで予定決まってるから 笑)、早く4月始まり手帳がほしいです(愛用の4月始まり手帳は2月下旬にならないと発売されないのだよ…)。

ライブ参戦予定―2015.1月―

さてさて、1月です。例年1月はそんなに本数ないのですが、今年はどうしてこうなった的な。

1.11 amber grisインスト(東京)
1.12 Chanty(東京)
1.17 DNL presents(京都)
1.18 Chantyインスト & DNL presents(大阪)
1.22 GIGAMOUS主催(福岡)
1.23 LEZARDインスト(福岡)
1.24 LEZARDインスト & Angelo(広島)
1.25 Angelo(福岡)
1.26 amber gris(福岡)
1.31 Chantyインスト & VISULOG主催(大阪)

福岡が続くとはいえ、気がつけば5日連続の予定が入っている…(゜-゜)

ちなみにDNL presentsとVISULOG主催はChantyがお目当てです。

いろいろびっくりですよ、日程も本数も(いまさら)。

西日本中心なのでまだ平和(な気がするだけ)ですが、すでに今年の日程が怖いです。

2014年ライブ参戦記録

2014年ですが、過去最多の参戦回数となりました。い、いつのまにこんなに。

102本だと思っていたところ、数えなおしてみたら101本でした。インストかなにかを間違えて数えてしまってたみたい。とはいえ、100本超えしてしまったことに変わりはないのですが…。

と、とうとう100本超えちゃったよ…!


1.21 Neo STARGATE(東京)
1.23 Rubik主催(浦和)
2.01 Black Klaxon主催(大阪)
2.09 Chantyインスト(新潟)
   the Raid.主催(新潟)
2.16 K4『R』presents(東京)
2.19 DOLLERS主催(東京)
   Neo STARGAZER(東京)
2.21 the Raid.主催(札幌)
2.22 Chantyインスト(札幌)
2.23 LEZARD(東京)
2.24 Angelo(東京)
2.25 骨の莚。(浦和)
3.01 amber gris(大阪)
3.02 amber gris(大阪)
3.14 MASTERPIECE PRO.presents「天神界隈」(福岡)
3.29 Spring Cup TOUR(仙台)
3.30 渋谷REX主催(名古屋)
4.02 SKULLROSE presents(福岡)
4.03 Chantyインスト(福岡)
   Spring Cup TOUR(福岡)
4.05 Yeti vs Chanty vs LIPHLICH(大阪)
4.06 Yeti vs Chanty vs LIPHLICH(名古屋)
4.12 LEZARD(名古屋)
4.13 LEZARD(大阪)
4.19 Angelo(川崎)
4.20 LEZARD(東京)
4.25 E.T主催(東京)
4.26 Chanty(東京)
5.01 Neo STARGATE(名古屋)
5.02 たとえばこんなはなし主催(大阪)
5.05 パノラマ虚構ゼノン主催(福岡)
5.17 EDGE Circuit'14 春(大阪)
5.18 Angelo(大阪)
5.21 Masterpiece PRO.presents『天神界隈』(福岡)
5.23 『同盟国』(東京)
   Hope And Live(東京)
5.24 地中楼閣(東京)
5.25 EDGE Circuit'14 春(東京)
6.01 Angelo(福岡)
6.03 amber grisインスト(福岡)
   amber gris主催(福岡)
6.07 Angelo(東京)
6.08 LOKA主催(東京)
6.21 LEZARDインスト(福岡)
   My little HEARTS.TOUR Edition Vol.5(福岡)
6.22 My little HEARTS.TOUR Edition Vol.5(熊本)
6.27 Belmosaic(東京)
7.10 Neo STARGATE(東京)
7.12 Chantyインスト(新潟)
   Chanty主催(新潟)
7.16 SKULLROSE主催(福岡)
7.18 Chanty主催(大阪)
7.26 LEZARD(東京)
7.28 CROW MUSIC主催(大阪)
7.30 Black Klaxon × XIBALBA × Visper主催(福岡)
8.01 LEZARD(名古屋)
8.02 Chantyインスト(東京)
   LAGNA主催(東京)
8.03 LEZARD(大阪)
8.09 LEZARD主催「ハムハム超会議2」(東京)
8.10 エルム主催(福岡)
8.15 murder suitcase主催(東京)
8.16 PIERROT FILM GIG 1部(東京)
   PIERROT FILM GIG 2部(東京)
   LEZARD(東京)
8.19 Avel Cain主催(福岡)
8.20 METEOROID主催(福岡)
8.24 Summer Cup TOUR(横浜)
8.27 Chanty(仙台)
8.29 Chantyインスト(名古屋)
   Summer Cup TOUR(名古屋)
8.30 Summer Cup TOUR(大阪)
8.31 Chantyインスト(大阪)
9.01 Belmosaic(大阪)
9.16 Chanty(東京)
9.20 LEZARDインスト(福岡)
   Autumn Cup TOUR(福岡)
9.22 Milia∝主催(福岡)
9.23 LEZARDインスト(岡山)
   Autumn Cup TOUR(岡山)
10.04 Angeloライブビューイング(福岡)
10.11 My little HEARTS.TOUR Edition Vol.6(仙台)
10.12 Chanty(東京)
10.14 K4 presents「Happy Hour Vol.1」(東京)
10.18 amber gris(東京)
10.22 CROW MUSIC PRESENTS「天下布武」(福岡)
10.24 PIERROT(埼玉)
10.25 PIERROT(埼玉)
11.01 Hope And Live(東京)
11.05 LEZARD主催「なつふぇす!」(東京)
11.10 九曜presents(大阪)
11.15 REALies主催(東京)
11.20 amber gris FC限(東京)
11.28 Chantyインスト(福岡)
   Fall Cup TOUR(福岡)
11.29 メカクシ主催(大阪)
11.30 Fall Cup TOUR(岡山)
12.03 ザアザア(大阪)
12.06 パノラマ虚構ゼノン主催(仙台)
12.11 BIOSPHIA(福岡)
12.12 BIOSPHIA(岡山)
12.20 Chantyインスト(東京)
   Develop One's Faculties主催(東京)
12.25 XIBALBA(仙台)
12.26 FINAL Cup(東京)
12.27 LEZARDインスト(東京)
   Angelo(東京)
12.28 BLESSCODE(広島)
12.29 DALIAN(東京)
12.30 撃剣霊化SP(東京)
12.31 K4 presents「NO NOISE LIMITATION THE WORLD 14→15」(東京)
   Greeting the EDGE(東京)
   Rex Countdown(東京)
   K4 presents「THE WORLD 14→15」(東京)


こうして列挙してみるとよくわかるハシゴ率の高さと、わたしの居住地のわからなさ 笑。

去年が82本だったので、…だいぶ増えたね。
その増えたぶん、ほとんどがシャンティだってのはわかってるんだけど。

シャンティのおかげで、いままで行ったことのない土地にも行くことができましたし(札幌とか)、また行きたい、と思う場所が増えて仕方がありません。
2015年も、いろんな土地に連れて行ってくれるようなバンドになってくれるといいな(ライブというきっかけがないと、遠出する気力がない人)。


それでは、例年のごとく、主要バンドさんの参戦本数。

・Chanty[30本+インスト9本]
・LEZARD[19本+インスト4本]
・BLESSCODE[13本]
・Belmosaic[8本]
・amber gris[7本+インスト1本]
・Angelo[7本(うち1本はライブビューイング)]
・BIOSPHIA[7本]
・XIBALBA[7本]

しゃんてぃーとりざーどが、さくねんのさんばい、にばいのほんすうという…。

そして、ブレスコードが10本超えなのにもびっくりしました。福岡によく来てくれるっていうのもあるし、バイオやシバルバとの対バンが多かった、っていうのもあるけれど、だいぶ、転がり落ちるかのようにはまっている感は否めません。

ベルモザイクとシバルバは解散してしまったけれど、1年でこれだけの本数、そしてラストを見届けることができたので、後悔はないです。バイオも解散決まっちゃってるからだいぶ複雑なのですが、ワンマンがね、かなり良いライブで。4月で解散してしまうのが本当に惜しいなぁ、と思います。

たぶん、2015年も上位バンドは変わらないかな。あとは、覇吐さんがステージに戻ってきてくださったらなぁ、と願ってやみません。

2015年も、素敵な一年を過ごすことができますように。

年末遠征顛末記

すっかり松の内も過ぎてしまいました。
…あけましておめでとうございましたっ!

えっと、年末、各地を駆けめぐり、7日連続で10本参戦という未知の領域に足を踏み入れてました 笑。

レポにはもう少しかかりそうなので、ひとまず振り返ってみる。

〈12月25日〉
 10時から年休を取って(始業時間は8:30なので、0.5日+2時間という、非常に妙な年休の取り方)、一足先に冬休み突入。
福岡空港―仙台空港まで飛行機でひとっ飛び。この日はXIBALBAの解散ライブ。解散ライブから始まるライブウィークという、なんとも切ない感じですが、良いライブだったよー。

〈12月26日〉
 始発に乗って、関東まで18きっぷで乗り継ぎ乗り継ぎ。高田馬場AREAでのFINAL Cupへ。EDGEができてからというもの、AREAへ行く機会がめっきり減っておりますが、やっぱりAREAは好きだなぁ。好きなバンドばっかりで非常にお得なイベントでしたん。

〈12月27日〉
 新宿タワレコでのLEZARDインストからのZepp DivercityでのAngeloライブへ。ダイバーシティには初めて行ったのだけれど、噂のガンダム見れた! 開場待ちのとき、ちょうど光る瞬間も見れて、だけど途中で自分の整番来ちゃってちょっぴり残念だった 笑。
ダイバーシティ内、見てまわる時間はなかったのだけれど、広くて、いろいろお店見てまわるのも楽しそう。次回はゆっくり訪れたい。

〈12月28日〉
 この日はBLESSCODEのワンマン@広島。
27日のAngeloライブ後、夜バスにて豊橋まで移動。本当はムーンライトながらで大垣まで移動したかったのだけれど、指定席が取れなかったので(えきねっとの先行予約期間に申し込みしてはいたのだけれど)、慌てて夜バスを探したら年末料金・満席等々の事情により、豊橋行きになったという。
豊橋から18きっぷで岡山まで移動し、いったんホテルにチェクインしてから広島へ。まどろっこしいルートなのは、翌日の移動を勘案してのこと。
広島到着後、リザードのインスト券まだ残っているようなら確保すべくマジカルスクエアへ。結果、1月のAngelo広島の日にリザードインストにも行けること確定。
ブレスコードのことは2014年3月に知って、気がつけば参戦本数が結構なことになっていたりしたのですが、2014年のうちにワンマンをどうしても観ておきたくって。それでこんな妙な日程と相成ったのでした。だけど、来てよかった、と思えるライブだったー。

〈12月29日〉
 前日のライブ後、岡山まで戻ってきての始発からの移動。この日は恵比寿でDALIANの一日復活ワンマンで、始発で18きっぷ移動して開演に間に合うはずが、まさかの寝過ごしで米原通過、長浜まで行ってしまうという馬鹿をやらかしましたwww 急遽、静岡−小田原間を新幹線移動したりね、うん。
DALIANは、アルバム1枚くらいしか持っていなくて、ライブも初見だったりしたのですが(ボーカルの直弘さんの前のバンドCLOSEが好きだったのです。DALIANも、聴いて、良いなぁ、と思ったのだけれど、いかんせん知ったのが後期すぎた)、とてもまったりあたたかい空間でした。

〈12月30日〉
 池袋EDGEにて、12:30開場、13時開演の13バンド出演のイベントを観に行ってました。翌日が4箇所ハシゴという日程であったため、お目当てのリザードとカラットが終わったら会場離脱するつもりだったのに、まさかの最後まで離脱できないパターン。終演したのは21:40でした。な、長丁場…。

〈12月31日〉
 一週間連続ライブ最終日。そしてカウントダウン。カウントダウンライブは各会場、基本的にタイムテーブルが公開されるので助かります。
LEZARD@新宿RUIDO K4→Chanty@池袋EDGE→Chanty@渋谷REX→Chanty@新宿RUIDO K4、という自分至上前代未聞のスケジュール。
前述のとおり、タイムテーブルが公開されているので、無理せずここまで観たら移動する、と決めて動いていたので、心理的には30日よりも楽でした。12:30から3時近くまで駆け抜けたよ…。
終演後も意外と元気で(山手線は終夜運転していたから良かったけれど、京急の始発待ちが長かった…)、始発の飛行機で吹雪の福岡へ戻り、無事動いていたひのくに号にて熊本へ帰還し(高速通行止めにならなくてよかった)、年末遠征を終えたのでした。


なにも約束をしていないのに、会場や空港でお知り合いのバンギャルさんにお会いしたり、と不思議な縁を感じたりもした年末遠征でした。

さすがにこんな日程は今後ないと思うのだけれど、なにが起こるかわからないのが人生ですので、みなさま、今後とも何卒よろしくお願いいたします。


〈web拍手御礼〉
 ぽちぽち拍手ありがとうございます! 今年はもっと更新を増やしたいです…!

11.30 Fall Cup TOUR〜岡山〜 / 岡山IMAGE

夕方になるにつれて残念ながら天気の崩れてきたこの日。

Chanty初の岡山! このイベント中、一番おいしい対バン! まさかの4マン!

という、とてもわたしホイホイなイベント。Chanty初岡山だったこともあり、行かなくてどうする、な勢いでした 笑。


〈たとえばこんなはなし〉
 10曲演奏。映画の始まりのようなブザー音が鳴り、幕が開いたと思ったら、お立ち台に腰掛けている廉兄さんがおもむろにしゃべりだす。

廉「あのー、大阪から来ました、たとえばこんなはなしですー」

お手柔らかにお願いします、と言っていたような、言っていなかったような 笑。

傍らに置いてある遠征バッグと称した紙バッグ(ビニールついてる高級そうなやつ)から、岡山城のパンフレットとか、お弁当箱取り出してまして、

廉「ぼく、遠征のときはお弁当持って行くんですよ。男子力? 女子力?
見てください。ごはんでしょ。餃子の皮で巻いた餃子を皮(←これが印象強すぎて他のもの忘れましたw)」

もうね、やりたい放題すぎるw
ここからどうやって曲に入ったのか覚えていないのですが、2曲目が「ころしてやる」、3曲目が「作業なう」、ラストが「オリオン」。曲名わかるのはそれくらいだったかなぁ。1曲目、「モノクロのきみに色を」という感じの歌詞のある曲で、これを聴いたとき、シャンティも奏色やってくれたらいいな、って漠然と思ったんだ。

廉兄さん、ベートーベンの運命的なイントロで始まる曲でフロアに降りてきて、お客さんに餃子の皮で巻いた餃子の皮食べさせてたw(狙われたギャ男くん、必死で拒否ってたw)
ライブ後、ギャ男くんが「粘土みたい」と言っていらっしゃったのが聞こえたのですが、もしや揚げてなかったのかな。れんにいさん…笑。

あのやりたい放題っぷりなのに、聴かせる曲では素敵な音楽を聴かせてくれるたとえばさん、結構好きなんです。対バンかぶるとうれしいのだ。


〈Yeti〉
 7曲演奏(だったと思うけれど8曲だったかも)。
転換中に、デデデデデデデデ、ってPierrotのMAD SKYのイントロが聞こえてきたので(しかも2回)、つぎのバンドどこw となっていたピエラーなわたしですが、まさかのYeti。…ビッキーさんっ!
Yetiのライブにはほんとうに癒されます。歌声も音も、やさしくすっぽりと包みこんでくれるようで、とても好き。
聴いていると「アレクサンダとぜんまいねずみ」という物語を思い浮かべてしまう「チーズ」が聴けたのもうれしかった。「ループ」もたのしい。

聡「今月誕生日なのは誰だ? プレゼント、待ってますー」

そんな一言で捌けていった聡さん、にくめないw

2月の家シャンが楽しみですよー。


〈the Raid.〉
 8曲演奏。3〜4曲目のバラードがとてもよかった。レイドさん、動員増えたねー。シャウトとかも結構好みです。だけど、わたしは後方で平和に観ているほうがいいかな 笑。


〈Chanty〉

ひどいかお
ソラヨミ
やんなっちゃう
 -MC-
「天翔る」
おとなりさん
フライト
 -MC-
「C」
ミスアンバランス
 -MC-
奏色

(にゃこのテーマ)


芥くん、フライトあとのMCで「あと2曲」と言われていたので、てっきりミスアンバランスで終わりだと思っていたのに9曲目が来て、うれしくてびっくりしたのと、ラストが奏色だったので、たとえばさんの1曲目で、色がテーマの曲みたいだからシャンティも奏色やってくれればいいな、って思っていたのがほんとうになって、イベントの始まりから終わりまでがつながった気がして、とてもうれしかったし素敵だった! こういう偶然があるから、イベントって素敵だよね。おもいがけない化学反応。

久しぶりに「天翔る」が聴けたような気がするのですが、やっぱりこの曲、大好きだなぁ。やさしくってせつなくってまばゆい。
「♪今日は雨だった」という歌詞がぴったりな天気だったし、なにかと歌詞がはまってる気がして。

「C」前のMC、細かいところ失念しちゃってる気がするのですが、

「Fall Cup TOUR、地方は今日でラストなんです。バンドマンっていろんな場所に行っているうちに、だんだんそれが当たり前のように感じてしまうけれど当たり前なんてものは何もなくて。だから初めての岡山で、今年の地方公演のラストが迎えられてよかったと思います」

芥くん、一回ステージをおおきくまわってから、センターで頭かきむしりながら考え考え言葉探してる感じだった。

「2011年に前のバンドでこの場所に立っていて。そのとき、千歳くんも前のバンドで同じ場所にいて。そのときは仲良くなかったんだけどね」

って、swツアーでアドミニとレミングが対バンしていたことにふれていて、楽しいけれど切ない思い出もある、という感じで話していらっしゃった。
「楽しいんだけどね、今日、すっごく楽しいんだけどね」ってあいだで念押しして、それでもこういうこと考えてしまって、って言ってたかな。この日も一筋の髪の毛がアンテナ状になってたから、崩れるんじゃないかとハラハラしてしまったよ。

そこから派生して、岡山初めてなのに今日ここに集まったり残ってくれた人や、シャンティをまだよく知らない人、興味がない人でももしかしたらこの先、どこかでつながっていくかもしれない、ということを話されていて。
要約すると、めぐりあわせは不思議だね、という一言に尽きると思う。めぐりあわせについては、わたしもたくさん思い当たることがあるし(アドミニを知ったのはLiZがいたからで、そのLiZがいたからDOPES.を知ることもできたし、他にも、RuvieのおかげでDolly知れたりとか、Dollyのおかげで針槐知れたりとか、覇吐さんのおかげでllllとXIBALBA知れたりとか、他にもたくさん、とにかく芋蔓式。この日、たとえばさんとシャンティが対バンしていたこともめぐりあわせだし、それがあったからこそ、曲と曲がつながったような感覚に出逢うことができたし等々)、なんだかとても感無量でした。

でもこのMC聞いて、今年はあとは都内だけなんだ、って気づいた。来年もツアー目白押しだから、なんとなくそういう感じがしなくって。

あんまり前方センター寄りで観るとどうしても芥くんばっかり観ちゃうので、全体が見渡せる、少し後方めが好きだったりするのですが、この日は空いていたので3列目ぐらいで観ていたの。ステージが近いと視覚からもたくさんダイレクトに伝わってくるものがあるのはとてもいいな、と思った。
芥くんが野中さんとアイコンタクト取ろうと見つめていても野中さんが気づいてくれないシーンだったり、千歳さんソロのときにお立ち台で絡んでいたらふたりともこけちゃったりとか、そんなシーンも観れました。
曲中の手の動きとかもじっくり観れたのはうれしかった。
どこで観ても楽しめるから、これからもカミテシモテにとらわれず、いろんな位置で観れたらいいな、と思ったり。

まとまりませんが、とても楽しい時間でした。終わったあとも多幸感でいっぱいで、この感覚があるから、ライブ行きたくなるんだよね、と思う。

つぎのライブも楽しみですよー。

<< | 2/234PAGES | >>