<< 10.14 K4presents "Happy Hour vol.1" / 新宿RUIDO K4 | main | ライブ参戦予定―2014.11月― >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

11.15 REALies主催『Re: まだ終わらねぇ。』 / 池袋EDGE

2014111522460000.jpg
今年、一番よく来ているのではないかと思われる池袋EDGE。いろんな意味でおかしい気はするのですが、今年中にまだ何回か訪れる予定だったりします。というか、今年の本数がおかしい(ry

閑話休題。

本日は16時開場、16:30開演という、いつもに増して早い時間帯設定だったわけですが、いつもの時間帯の飛行機を予約していたため(価格による)、どんなに早くても会場に着くのは開演時間前というあれ。
O.AとしてCall Meが出演となっていたのですが、開演時間前に始まるのか、開演時間過ぎてから始まるのか、ちょっとドキドキでした(先日のなつめ誕で観て、よかったのでまた観たくって)。


〈Call Me〉(O.A)
 5曲演奏。開演時間過ぎてからはじまるパターンのオープニングアクトだったよ、ありがとーっ!
幕が開いて、うずくまっていた眠花さんがゆっくりと起きあがって、声を求めるような仕種。サポートメンバーさんが出てきて、最後に登場した千吊さんの「診察を始めます」の一言で1曲目スタート。
歌詞からすると、1曲目が「オムカエ」なのかなぁ?
今日は一段目後方で観ていたりしたのですが、千吊先生が非常にクリアビューでして、あの長さの黒髪とか、時折の後ろ髪をかきむしる仕種とか、非常にツボすぎてうぎゃあああ、となっていたわたしです(どうした)。
しかも歌声もシャウトの声も好みなんだよー。今更ながらに気になるし、惹き込まれるコールミー。


〈JACK THE LIPPER〉

?(♪まだ見ぬあなたに口づけを〜)
猫目の伯爵ウェンディに恋をする
マズロウマンション
 -MC-
浮世のはぐれ蝶
慰めにBET
MANIC PIXIE
My Name Was

1曲目はたぶんフレイフレイ以降の曲だと思うのだけれど、じつはCDあまり聴けてなかったりするので、明日家に帰ってから確認します…笑。

JACK THE LIPPER、LIPHLICHなわけですけど、考えてみたらLIPHLICH観るの、4月にシャンティとイエティとの3マン以来だったかもしれない。
うわぁ、ひさびさ、と思いながらフリしていたりしたのですが、マニピクから完全に調子が戻ってきました 笑。

スタートからして重厚な雰囲気で、久我さんから目が離せなくなってしまった。1曲目、ゆっくりと指、手、腕、肩、全身を使っての表現。投げキスの仕種もとてもハマっていて。
2曲目に入る前の、帽子をかぶるところ、伯爵の鳴き声、惹き込まれる。

…と、久我さんにばかり目が行っていたわけなのですが、マズロウマンションあたりからようやく他のメンバーに目を向ける余裕ができてきまして、新井さんのステージングに目を奪われたりしました。
笑顔を浮かべたままくるっくるまわっていたり、なんだかキメキメな動きをしておられて、わぁぁ、エンターテインメントだー、と妙に感心というかなんというか。とても華やかなステージングだねー。

浮世のはぐれ蝶前の久我さんのMCがすごかった。
マズロウマンション終わって、照明が消えたまま、囁き声で話しだす久我さん。
あああ、MCとっても印象的だったのに、いまは断片的にしか思い出せないや。

「現し世は地獄かもしれない」

その言葉が耳に残ってる。大意は、現し世が地獄だと思っている人もいるかもしれない。そんな現し世を生きていくため、…んんん、なんのくだりではぐれ蝶の話が出てきたんだったっけ…。

だけどこれを話していらっしゃるとき、フロアがしんとした静寂に包まれて、久我さんの声と、その裏で、静寂の音までも聞こえてきそうだった。

幾度となく鳥肌が立ってしまうようなステージでした。


〈GIGAMOUS〉
 7曲演奏。結構ひさびさに観た気がするのですが、衣装が囚人服っぽくなっているのは、監獄ロックという曲を出されているからかな。
式さんがネズミの耳っぽいのを付けていらっしゃって、おお、ギガパーティーにマウスがいるー、と妙なことを考えてしまったわたしです。
んと、ギガって単位のギガなのかな、と思うのですが、漢字変換すると戯画にもなるね。ちょっとバンド名の由来が気になってきたりする。
前回観たときに、ちょっぴりもやっとしてしまったことがあったのだけれど、今日は素直に楽しめました。欲を言えば、もうすこしスペースがほしかった…笑(マジパンのEDGE…†)


〈Chanty〉

奏色
ALIVE
やんなっちゃう
 -MC-
おとなりさん
絶対存在証明証
 -MC-
「C」
ミスアンバランス
にゃこのテーマ

にゃこのテーマは、いままでのラストの楽器隊セッションに代わる位置づけになるのかな。公式ツイッターでは、セトリに数えられていなかったから、そういうことなのかな、と思ったり。

奏色始まりだったから、9月のWESTワンマンを思い出したりしました。
前半にやんなっちゃうが来るのもめずらしい気がする。おとなりさんと絶対存在証明証は歌詞が気になるので、来月の発売日が待ち遠しいです。

なんの曲だったかな、「C」かな。
間奏時に、メンバーの動きが揃っているシーンがあって(たぶん無意識。向いている方向も同じだったような)、ハッとしました。ステージの上のひとたちの動きが揃う瞬間に出会うととてもうれしくなってしまう。それが意図されたものではなく、自然と揃ったものであればなおさら。

2回目のMC、「C」に入る前の導入のイントロ(?)部分を楽器隊が奏でているなかでのMCだったわけなのだけれど、芥くんがなかなか簡潔にうまく言葉をまとめられなかったようで、だいぶ長めになってた。
だけど、いまここに立っているのは、今日呼んでくれたリアライズと応援してくれるみんなのおかげ、っていうことを言っていらっしゃって、そのあとの「自分の好きなバンドさんを追いかけていってください」ってそのメッセージ、いつぞや覇吐さんもおっしゃっておられた言葉だったから、ふたたび記憶の扉が音を立ててしまったりして(最近、はばきさん関連のこと想起するのはきっと、ライブが観たくて仕方がないからなんだよー。そろそろ動きありませんか…?(またもや脱線する感想))。

んんんん、まとまらない。

ひと月ぶりに観たシャンティだったから、楽しみでしかたがなくって、だけど始まったらすこし、おもはゆくもあったりして。だんだん頬がほころんでいって、楽しい、うれしい、って気持ちがあふれてくるようなステージでした。


〈REALies〉
 5曲+アンコール2曲。
リアライズもなにかとシャンティとかぶっていたりして、観る機会が多かったりするので、だいぶ聞き覚えのある曲が増えてきております。
今日は二段目後方で観ていたのだけれど、フロアのヘドバンの波とか、モッシュの流れとかすごかったー。
だんだん楽しくなってきて、後方で楽しんでました。おとなりにいらっしゃった方が全力だったから、余計にノリやすかったのかも。
リアライズはモッシュの流れが速いから、落ち着いた場所で観て暴れてるのが好きです 笑。
今も大阪なのかとおもいきや、上京してきてたんだね。ギガマウスのとき、式さんが「楽屋に寝袋あったし、寝泊まりしているらしいよ。嘘です」と言っていたので、もしかして一週間都内に泊まっている感じなのかしら、と思っていたからびっくりした。
この7日間で衣装を変えているそうで、今日の衣装は2012年のだったそうです。もしかしたら、1年1年たどってきている感じなのかな。そういうのも素敵だなぁ。
リアライズの気概とか、あのすがすがしい感じも好きなので、今後の対バンも楽しみにしてます。しかし7日間連続はすごい(過去には、23日間連続主催をやっていらっしゃったロリヰタさんのような猛者もいらっしゃいますが)。


ということで、リアライズは7日間連続ということもあってか、終演時間は20:30でした。あと1日がんばってくださいー! と思いつつ、楽しかった本日でしたー!

スポンサーサイト

| - | 22:48 | - | - |

Comment

Submit Comment