<< 8.29 Summer Cup Tour / 名古屋ell.FITS ALL | main | 8.31 Chantyインスト / ライカエジソン大阪店 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

8.30 Summer Cup Tour / 大阪RUIDO

rivabookさん主催の"Summer Cup Tour"最終日。横浜からの3公演に参戦した形になるのですが、一番の客入りだった気がします。いっそのこと、物販はロビーだったほうが良かったのでは、と思うレベル。


〈DOPPEL〉

 moonlightxxx
 ?
 プラリネ
 ?(ダンスダンスな曲)
 ?(「アリストテレスの定義」って歌詞が入っている曲)

 本日のサポートドラムはex.シリアル⇔NUMBERの華威くん。ちゃんと、はち様もDollyのはち、って紹介されていました。

"Till"が幸せでたまらないからTillを聴きたくもあったのだけれど、今回みたいなセットリストも楽しい。

"プラリネ"のサビの歌詞、だいぶ聞き取れてきました。

「♪プラネタリウムの深海で きみの吐息が星になる 途絶えた夜の切れ端を つなぎあわせるように」

夜がビロードのようで、とても素敵。

個人的に、なにかとシンクロしてくる言葉があるんです。その言葉は一定期間で変わっていくのだけれど、3月末あたりから、「プラネタリウム」がキーワードのようで。
だから、こんなにも"プラリネ"が印象的に感じているのかもしれない。


〈LOST ASH〉
 5曲演奏。名古屋でも気になった曲である、サマー。(団扇で)扇げ、っていう煽りがおもしろい。全体的な曲調からすると、この曲のポップさが意外な感じもするけれど楽しい。
ロストアッシュの曲はノりやすいし、ボーカルさんの声も聴きやすいので、2日間楽しかったですー。


〈Chanty〉

 ソラヨミ
 ひどいかお
 ミスアンバランス
 -MC-
 「C」
 衝動的少女

"やんなっちゃう"が入っていないセトリというのが非常に新鮮に感じたこの日。なんだか"やんなっちゃう"披露前(春の秘め事(仮)以前)に戻ったかのような懐かしさも感じました。成人さんセトリ、とのことで。

芥くんのものもらいが両目に発症してしまったそうで、眼帯ではなく包帯ぐるぐる巻きになっていて、それが白い衣装と相まって、儚げな印象も受けたりして(だけど、千歳さんの告知MC中に、包帯の上から黒縁メガネかけていらっしゃったりもして不思議図式…笑)。
あまり見えないから声を、ということで、フロアからの声もいつも以上だった気がします。

名古屋のときにメンバーの動きのシンクロに気がついてしまったからか、この日もハッとした瞬間がありました。
"ひどいかお"のとき、千歳さん、野中さん、シアさんの動きがシンクロしてたんです。やっぱり、上半身を折るような激しめの動きのときだったのだけれど。気がついて、鳥肌が立った。メンバー同士での無意識での動きがシンクロしているのって(確実にあれはお互いが見えていないはずなので)、やっぱりバンド側が良い状態なのかな、と思って。
"ミスアンバランス"のときだったかな、シモテの空間で、千歳さんと野中さんが楽しそうにくるくるまわっているところもあって、そういうところも好きだなぁ。


〈Yeti〉
 5曲演奏。イエティも観ていて楽しいし、とても癒されるので大好きです。ほんと、そろそろ音源買ったほうが良いレベルかもしれない。
「シャンティ、今日おかしな人がいたやん?」と話し出す聡さん、この日もタオルはシャンティのタオル使っていらっしゃったり、心配性で「どうだった? どうだった?」ってステージから戻ってきたバンドさんに訊いている、っていうエピソードも可愛いし、シャンティが戻ってきたとき「あっくん、どうだった?」って芥くんに訊いたら「ぜんぜん見えんかった」って返ってきた、と言ってらっしゃって、その「あっくん」の呼び方に、全わたしがきゃああ、ってなっていました。非常に可愛い。


〈ALSDEAD〉
 5曲演奏。なにかとオルスデッドも観る機会が多くって、聞き覚えのある曲も増えてきてうれしいかぎりなのですが、フラッシュバックが、曲調も歌詞も大好きです。リザードメンバーのセッションとかでも演奏されていたりしたから、ノリとかもお馴染みになってきまして 笑。
ベースの陽佑さんの笑顔がかなり癒しです。でもあの方、シルエットがりばぶっくのかわもとさんに似てる気がして、なんだかうっかり凝視しちょう 笑。MCでのしゃべりが可愛らしすぎて、ギャップがすさまじいのも素敵です。


〈たとえばこんなはなし〉
 7曲演奏。6〜7曲目がメドレーみたいな感じで。2曲目が"ころしてやる"、3曲目が"作業なう"、6曲目がイントロがベートーベンの運命チックな曲。
7曲目がとても素敵でした("オリオン"という曲名だそうです)。ファンの方が小型のライトを掲げて、フロアからステージを照らす形(グッズにLEDライトがあるそうで)。しっとりした曲で、ラストのワンフレーズに入って幕が閉まる。
メンバー全員浴衣だけど廉さんはあごのあたりにマスクしてる形。5曲目の曲で「これが僕のカバンなんですけど」とコンビニ袋を取り出しがさごそ。なかにはイエティのピックと、40分にできあがるという(お寿司?)予約表。「あとすこしでできあがるので、取りに行かないと」とフロアに降りる廉さん。一往復して、イエティピックで「イエティファンの方いらっしゃいます?」とファンの方をあぶり出そうとしてました。相変わらずだ 笑。


〈REALies〉
 7曲演奏。元地下線盤ということもあり、さすがの盛り上がり、という感じでした。
リアライズはボーカルさんの勢いにうまく乗せられる感じが楽しい。曲も聞きやすいし、結構好き。

なんとなく、リアライズを観ると、以前REXで観たときのことを思い出してしまうのだけれど、自分のツイ遡ってみたら、2年前の12月、芥くんのセッション13cmで遠征したときのことでした。すごい偶然なのだけれど、そのときの対バンにALSDEADもいたりして。その翌日〜翌々日はDollyだったから、なんだか今回のSummer Cupの出演バンドさんは、個人的にもとても思い入れがあるというか、不思議な組み合わせだったなぁ、と思います。
こういうところも対バンイベントのおもしろさだな、と。

過去と今は形は違えどもつながっている、そう感じさせてくれたイベントでもありました。

スポンサーサイト

| - | 15:40 | - | - |

Comment

Submit Comment