<< 3.17 CLOSE to EDGE / 池袋EDGE | main | 3.23 少女-ロリヰタ-23区主催【THE TWENTY THREE "BAD" DAYS】 / 渋谷milkyway >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

3.20 AUBE / 池袋EDGE

この月、3度目の池袋EDGE(しろめ)。
この日も大阪まで夜バスで行ってから18きっぷで移動という手段を取っていたわけですが、東海道線をどんぶらこしているあいだにツイッター上で東海道新幹線、上下とも見合わせのお知らせが…。なんだってこんなときに(ちなみにTL上では停止した新幹線内に乗り合わせてしまった方もちらほら)。
ちゃんと復旧して、みなさまなんとか各々の参戦ライブに間に合われたようでよかったです。

River of Destiny
Stare into void
Drastic XヴァージンX boogie
激情
 -MC-
新曲(ジャッジメント)
我、泡沫夢幻の華になり...
 -フリ講座-
新曲(ロシアンルーレット)
新曲(ゼロ)
百花繚乱
新曲(バタフライ)
PLASTIC INSPIRE
Dear

En
THE FARTHEST GATE
PLASTIC INSPIRE
新曲(恋情歌)


前週に引き続き、この週末もアドミニがあって、AUBEがある感じだったのですが、AUBEに救われている感じがしました。やっぱり、先の予定が決まっているのって幸せだと切に思うの。

セトリは上記のような感じで。ようやく「♪かさねがさね〜」の曲が恋情歌だとわかってうれしかったです。1年以上越しで音源化願ってたんですよ、あの曲!

そしてFARTHEST GATE聴けたのが本当にうれしかったです。
「AUBE始まりの曲」って海斗も言ってたのですが、わたしにとっても最初に池袋CYBERでAUBEを観たときから耳に残っていた印象深い曲で、AUBEといえばTHE FARTHEST GATEっていう感じだったので。

ロシアンルーレットの曲は、海斗節満載なフリがついてます(笑)。かなり楽しい。
ただ、この日は下手端にいたんですけど、近くに外国人のカメラマンの方がいらっしゃって。左向く度にその方を指差す形になってしまって非常に申し訳なくなりました(笑)。

そういえば、アキヤさんのマイクスタンドに、海斗の衣装を着たクマのぬいぐるみがくっついていました。海斗が「ゴリラじゃなくてクマだ」ってうれしそうだったのも印象的w
最近、海斗とアキヤさんはゴリラ兄弟って言われているそうですwww

莎瑛ちゃんが「さえぐささえぐさ」呼ばれていることは多々ありますが、この日はアキヤさんまでもが名字バラされてました(笑)。キリトと言い、最近、そういうの流行ってるんですかね。
ジャッジメントのときにメンバーコールが入ってて、莎瑛ちゃん、「さーえぐさ」って言われていたし。

Dearも大好きな曲だったりするのですが、この日のDearもすごく印象的でした。
いつもそこまで前のほうには行かないので、Bメロのところで横の方と手をつなぐことってあまりなかったのですが、この日は右隣の方が手を差し伸べてくれたので、私も左隣の方に手を差し出したんです。そうしたら満面の笑みで手をつないでくれて。うれしくて幸せでしかたがなくて。ヴィドールの人魚のときにも似た気持ちでした。
Dearって初期からの曲で、そのうえ、とてもメッセージ性の強い曲なんです。
2番のサビで4人がセンターに集まっているところが本当に好き。このシーン観てると、メンバーそれぞれが、これまでのバンドの解散をいくつも乗り越えて乗り越えてきて、それでAUBEができた、っていうことが奇跡のようにも感じられる。だからいま、AUBEを観ることができて、あの場にいることができて、本当にしあわせだと実感するんだ。

たぶんそれは、現在進行形でアドミニの解散に直面していることも関係しているんだと思います。「ある」ことがあたりまえではないと改めて思い知らされて、それをまさにいま、心の底から実感しているから。
その場に居合わせることができること、時間を共有できること、それは本当にしあわせなことなんだ、って。

いつかは終わりがくる。
そのことはわかっている。わかっているつもり。
だけれど、本当にその場面に直面したとき、わかりたくない自分もいる。

そのこと自体は仕方のないことだけれど、そのときに後悔だけはしたくない。
だから、全力で好きなバンドを愛するんだろうな。

そんなことを思ったAUBE5回目のワンマンライブでした。

スポンサーサイト

| - | 10:15 | - | - |

Comment

Submit Comment