<< ひらきなおり | main | SPIRAL CARNIVAL TOUR 2011 at Hiroshima >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

思うこと徒然

さて、地震発生からすでに10日が経過したわけですが、テレビ番組等も落ち着き、すっかり日常を取り戻している九州です。
あまりにも日常すぎて、本当に起こった出来事なのかと、夢だったのではないかと錯覚してしまうほどです。

…たぶん、これが一番怖い。

今のこの状態で、「忘却」が一番の敵だと思う。
特に私は九州に住んでいるわけで、余震にも遭わず、東北地方に親戚もいない。だから、下手をしたら、今回の出来事が日常生活に埋没してしまう。
地震発生から10日でこれなんだもの。二週間、三週間、数ヶ月と経過していってもまだ、意識を保ち続けていけるのか。

さいわい、といっていいのかわかりませんが、私のツイッタラーさんたちには関東の方が多く、余震があったときに、リアルタイムで揺れたとつぶやかれる方もいらっしゃるので、今回の地震がまだ終わっていないことを思い知らされる。
流れるニュースやリツイートで考えさせられることもある。

日常生活を送ることが大切だということはわかる。
けれどそれは、被災地に意識を留めた上でのことだ、と。

…と、そんなことを思う次第です。
募金だって、一過性のものに終わらないようにしたい、と思うわけです。

あと、自分がいかに日本の情勢を知らないか、ってことも思い知らされました。
福島原発に、東北電力ではなくて東京電力が入っている意味、消防を東京都に要請する意味。
福島原発からの電力ってすべて、関東圏のためのものだったんだね…。
被災地のための電力確保ではなく、関東圏のための電力を止めないための計画停電。そのうえで、同じ規格の東北電力が送電のための計画停電を企画する段階にある。

他にもまだ、福島原発のような事例はあるのではないか、と思うと、自分の無知が怖いです。
計画停電、被災地に回るものだと思ってたからね…。

この10日間で、支援の動きも広がっているわけですけれど、GACKTさんの活動に感銘を受けました。本当に被災地のためにできることを考えて動いていらっしゃる。本当にすごい。
http://www.gackt.com/page/message/jp.html

ほかにも、T.M.Rの西川さんの立ち上げたプロジェクトとか、Sadieもワンマンライブを延期してチャリティーイベントにしたりしてたし、地下線さんもウェブショップの売り上げをチャリティーにまわすこと名言していらっしゃるし。

音楽業界が立ち上がっていらっしゃることが、とてもうれしいです。
一般的に見たら音楽なんて娯楽の領域なのだろうけれど、音楽が心を救うことも事実。
それに、彼らにとってはそれが職業なわけで、ツアーやライブの中止・延期っていうのは生活に響いたりもするわけです(ライブ中止、キャンセル料がかかるでしょうし)。日常生活を送るのが一番であるのなら、決行することが日常であるのだし、けれど電力事情だったり、余震が続いていることだったり、震災で来ることができなくなってしまった子たちがいることを考えると、中止や延期も理にかなっている。
だから、どのバンドも賛否両論があることは覚悟していらっしゃるけれど、中止にすることも、決行することも、どちらとも正しいと思います。
ぎりぎりまで悩んでそれで決めたこと、彼らも彼らの信念を貫くことにしているのだから、彼らが批判を受けるようなことにならないことを祈ります。

ということで、中止ならばその結果を受け止め、延期であれば延期日を待ち、決行であれば勇んで参戦しようと思っている私です。
とりあえず、Angeloさんの延期日が明らかになりましたし(そして私のGWの日程が超カオスになった)、AUBEとベルベット主催は決行が決まったので、全力で広島福岡熊本参戦してこようと思います(Duelさんもグッズ売り上げの一部を義援金に充ててくださるそうです)。

普通にライブに行ける私が言うのも説得力がないのだけれど、東北地方のバンギャルさんたちがいつでも戻ってこれるように、ライブのあの空間を維持していくのも(動員的な意味でも)、私みたいな非被災地のバンギャルにできることのひとつだと思うんだ。

だから、明日からもできることを全力で。

スポンサーサイト

| - | 21:42 | - | - |

Comment

すごくよくわかります。
私も、一番怖いことは「忘れる」ことだと強く思います。
そういう意味では戦争と一緒なんですよね。
戦争と一緒にしてはいけないのかもしれないけど、どちらも忘れてはいけないものだと思います。
きっとそれが一番辛いんだと思います。

以前テレビで某アイドルが「日本とアメリカって戦争したことあるんですか?」みたいな発言をしたんです。
すごくショックでした。
おバカタレント云々の問題ではなく、日本人としてのモラルの問題だと思いました。
この発言は絶対に言ってはいけないはずなんです。

今回の震災も過剰に反応するよりも忘れないことが大切だと思いました。


| 銀座の恋 | 2011/03/22 1:26 AM |

>銀座の恋さん
 コメントありがとうございますー!
 東日本と西日本(震源地から離れれば離れるほど)で意識が乖離してしまいそうで、それがやっぱり怖いです。ここにきて、キリトが言っていた言葉が本当の意味で重みを増してきたように思います。
 戦争の話、それはショックです。平和であるからこそ、その平和な状態を維持していくためにも、過去の出来事を知る必要があると思うのですが…、あまりにも、なんだかなぁ、という気が…。
完全な受け売りですが、「想いをできるだけ永く持ち続けましょう」ね。

| 珂南 | 2011/03/23 6:34 AM |

Submit Comment