スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

年末遠征顛末記

すっかり松の内も過ぎてしまいました。
…あけましておめでとうございましたっ!

えっと、年末、各地を駆けめぐり、7日連続で10本参戦という未知の領域に足を踏み入れてました 笑。

レポにはもう少しかかりそうなので、ひとまず振り返ってみる。

〈12月25日〉
 10時から年休を取って(始業時間は8:30なので、0.5日+2時間という、非常に妙な年休の取り方)、一足先に冬休み突入。
福岡空港―仙台空港まで飛行機でひとっ飛び。この日はXIBALBAの解散ライブ。解散ライブから始まるライブウィークという、なんとも切ない感じですが、良いライブだったよー。

〈12月26日〉
 始発に乗って、関東まで18きっぷで乗り継ぎ乗り継ぎ。高田馬場AREAでのFINAL Cupへ。EDGEができてからというもの、AREAへ行く機会がめっきり減っておりますが、やっぱりAREAは好きだなぁ。好きなバンドばっかりで非常にお得なイベントでしたん。

〈12月27日〉
 新宿タワレコでのLEZARDインストからのZepp DivercityでのAngeloライブへ。ダイバーシティには初めて行ったのだけれど、噂のガンダム見れた! 開場待ちのとき、ちょうど光る瞬間も見れて、だけど途中で自分の整番来ちゃってちょっぴり残念だった 笑。
ダイバーシティ内、見てまわる時間はなかったのだけれど、広くて、いろいろお店見てまわるのも楽しそう。次回はゆっくり訪れたい。

〈12月28日〉
 この日はBLESSCODEのワンマン@広島。
27日のAngeloライブ後、夜バスにて豊橋まで移動。本当はムーンライトながらで大垣まで移動したかったのだけれど、指定席が取れなかったので(えきねっとの先行予約期間に申し込みしてはいたのだけれど)、慌てて夜バスを探したら年末料金・満席等々の事情により、豊橋行きになったという。
豊橋から18きっぷで岡山まで移動し、いったんホテルにチェクインしてから広島へ。まどろっこしいルートなのは、翌日の移動を勘案してのこと。
広島到着後、リザードのインスト券まだ残っているようなら確保すべくマジカルスクエアへ。結果、1月のAngelo広島の日にリザードインストにも行けること確定。
ブレスコードのことは2014年3月に知って、気がつけば参戦本数が結構なことになっていたりしたのですが、2014年のうちにワンマンをどうしても観ておきたくって。それでこんな妙な日程と相成ったのでした。だけど、来てよかった、と思えるライブだったー。

〈12月29日〉
 前日のライブ後、岡山まで戻ってきての始発からの移動。この日は恵比寿でDALIANの一日復活ワンマンで、始発で18きっぷ移動して開演に間に合うはずが、まさかの寝過ごしで米原通過、長浜まで行ってしまうという馬鹿をやらかしましたwww 急遽、静岡−小田原間を新幹線移動したりね、うん。
DALIANは、アルバム1枚くらいしか持っていなくて、ライブも初見だったりしたのですが(ボーカルの直弘さんの前のバンドCLOSEが好きだったのです。DALIANも、聴いて、良いなぁ、と思ったのだけれど、いかんせん知ったのが後期すぎた)、とてもまったりあたたかい空間でした。

〈12月30日〉
 池袋EDGEにて、12:30開場、13時開演の13バンド出演のイベントを観に行ってました。翌日が4箇所ハシゴという日程であったため、お目当てのリザードとカラットが終わったら会場離脱するつもりだったのに、まさかの最後まで離脱できないパターン。終演したのは21:40でした。な、長丁場…。

〈12月31日〉
 一週間連続ライブ最終日。そしてカウントダウン。カウントダウンライブは各会場、基本的にタイムテーブルが公開されるので助かります。
LEZARD@新宿RUIDO K4→Chanty@池袋EDGE→Chanty@渋谷REX→Chanty@新宿RUIDO K4、という自分至上前代未聞のスケジュール。
前述のとおり、タイムテーブルが公開されているので、無理せずここまで観たら移動する、と決めて動いていたので、心理的には30日よりも楽でした。12:30から3時近くまで駆け抜けたよ…。
終演後も意外と元気で(山手線は終夜運転していたから良かったけれど、京急の始発待ちが長かった…)、始発の飛行機で吹雪の福岡へ戻り、無事動いていたひのくに号にて熊本へ帰還し(高速通行止めにならなくてよかった)、年末遠征を終えたのでした。


なにも約束をしていないのに、会場や空港でお知り合いのバンギャルさんにお会いしたり、と不思議な縁を感じたりもした年末遠征でした。

さすがにこんな日程は今後ないと思うのだけれど、なにが起こるかわからないのが人生ですので、みなさま、今後とも何卒よろしくお願いいたします。


〈web拍手御礼〉
 ぽちぽち拍手ありがとうございます! 今年はもっと更新を増やしたいです…!

DICTATORS CIRCUS FINALE

この二日間、さいたまスーパーアリーナこと玉蟻でのライブに参戦してきました。深夜バス待ちで時間があるのと、落ち着かないのでちょっとだけ。

8年ぶりのPIERROT。
一言であらわすならばそれは、「魂の救済」だった気がします。

8年前、ああいう解散の仕方をしてしまったPIERROTだったから、特にキリターだったわたしは、心の奥底でずっとギター陣のことを許せなかった。
それが、いまの5人でのライブを観て、8年経っていても遜色なくて(歌詞があやしかったり、ところどころ演奏もあやしかったりしたけれど 笑)、たのしくてなつかしくてたまらなくて、心にわだかまっていたものがすーっと溶けて、すっかり浄化されてしまったように思います。
ピエラーの心に巣くっていた、8年前の解散にまつわる怨念じみた感情が、今回のライブと、メンバーからの言葉、特に今日のキリトの言葉によって、浄化されて昇華された。そんなふうに感じたライブでした。

こんな景色を見ることができるなんて思ってもいなかった。

ライブは、純粋に楽しくって、だけど歌詞は口パクできるのにタイトルが出てこなくて、なんだっけこの曲、ってなったり、それでも自然とフリしてたり、ぴえろって身体に染み着いているんだな、って思った 笑。

「過去を再生するのではありません」

そうコメントを出していたメンバーだけど、ほんとうにそのとおり、いまの5人でないとできないステージだったと思います。
あの突然の解散も、それぞれの活動も、すべて必要なもので、この8年間があったからこそ、この二日間の景色が観れたんだって素直に思えた。

それぞれの生き方、活動を肯定したうえで、過去の呪縛から解き放ってくれて、「いまを生きてください」と語ったキリト。
ほんと、生きていれば素敵なことが起こるんだ、って心の底から思わせてくれた。

「先のことは約束できないけれど、これで終わるとも言いません」
「やりたいと思ったときにやる」

そう言っていらっしゃったので、また、同窓会的にPIERROTをやってくれたらいいな、と思います。

ALvinoやLM.Cも観てみたいな、と思わせてくれたことも大きかった。

本当に本当に大好きで大切なバンドだったんだな、と再確認した。これまでも、これからも。

この二日間で観た光景、受け取った感情は絶対に忘れたくない。

そんなことを思った、2014年10月24-25日。

8.31 Chantyインスト / ライカエジソン大阪店

今夏Chanty遠征締めくくり。

ライブの翌日のインストということで、ちょっぴりアドミニのときのことを思い出してしまいました。わたしが参加したアドミニインスト、大阪での1日だけだったのですが、主催翌日にインストのために残留して、ライカ・ジールをハシゴしたのも、今となっては良い思い出です。

この日は「メンバー対抗ゲーム対決+サイン会+6shot」という内容だったのですが、メンバー対抗ゲームの内容が、二人羽織での早食い。
名古屋インストといい、食べ物系好きですね…笑。

メンバーは浴衣がテーマのお姿していらっしゃったのだけれど、千歳さんが着流し、野中さんとシアさんと成人さんは甚平、そして、浴衣を忘れてきたという芥くんが、ドンキで買ったというバカンス仕様の甚平+両目のものもらい続行中のため包帯まきまき+色付きサングラス、というなんとも謎な格好になっていました。

そんな感じで、一言自己紹介から始まり、さっそくのくじびき。負けたチームは罰ゲームで変顔(写メ取り放題)&2shotチェキ撮影時のスタッフをする、とのこと。
司会は不戦勝ということで、千歳さんが「司会きそう。でも俺、持ってるからなー」とつぶやいておりました(名古屋で罰ゲームに当たっていた人)。そんな感じでくじびき。

 司会―千歳さん
 前1―芥くん
 後1―シアさん
 前2―野中さん
 後2―成人さん

会場内にこだまする野中笑い(あの野中さんの笑い声大好きです)。
野中さんと成人さんは顔見合わせて爆笑していたりとかもして 笑。

羽織着たとき、成人さんが幽霊のように両手をだらーん、していたり、野中さんの顔隠して、いないいないばぁ、の要領で手放したり(ちゃんと変顔する野中さんw)していて、とてもノリノリだったw(一方、落ち着いた感じの芥&シアコンビ)

・一回戦 ヨーグルト
 なかなかハードル高い感じでしたが、うしろの2人がうまい感じに口元までスプーン運んでいらっしゃった気がする。ただ、成人さんの動かし方が早すぎて、野中さんの目がだんだん死んだ魚のようになっていっていました…笑。
順調に食べ…もとい、飲んでいるようでいるらしかった芥&シアコンビの勝利。だけど、芥くんも野中さんも口元白かったw
2人で顔見合わせて笑いあってるのとか、芥くん、視界があれなせいか、野中さんだったかな、拭いてあげていたのとか、メンバーの仲の良さが垣間見できてほっこり。

・二回戦 ガリガリくんソーダ味
 デザートにつぐデザート。いろいろ危険(棒的な意味で)。
口元ではなく鼻とか目元に先っぽが近くて物理的に食べられない角度であったり、違うとこに当たっていたり(千歳さん、「もう塗りたくって」って煽ったりしてた…w)あれは、なかなかに大変な図式。
欠片落こっちゃったり、つめたいもの早食い苦手な芥くんだったり、で野中&成人コンビの勝利(野中さんに「すごいねー」と言う芥くんに対して、野中さん、「いや、落っこったから」って正直な人だ)。

・三回戦 きつねうどん(ミニ)
 超キケン食材、熱々のお揚げが入っている(野中さん、「おあげあぶない」って超反応してた)。しかも割り箸使うから、さらに大変(芥くんがシアさんにお箸渡すとき、「しゃーちゃん、しゃーちゃん」ってお母さんがちいさい子に言い聞かせるときのような口調だったのが可愛かった)。
 野中&成人コンビが真っ先におあげで、野中さんが超テンション高かったのが印象的(「待って! 待って!」的な)。
 途中からスピードアップしてきた芥&シアコンビの勝利。

というわけで罰ゲームは野中&成人コンビだったわけなのですが、二人羽織で相手の顔を変顔にさせ、そのあいだ写メ取り放題、という(千「いつもは10秒のところを…! 今日は15秒! 送料はジャ○ネット千歳が負担します!」的なことを言っていらっしゃった気がw)

野中さん→成人さん、と2人とも連帯責任、ということで変顔してくださっていました。

というわけで、なんだか、すごかった 笑。名古屋から、新たなシャンティを垣間見た気がする。

あっ、食材準備中に、質問にも答えていらっしゃって

〈好きな季節とその季節にやりたいこと〉
シ「夏。テンションがあがる。ディズニーランドに行きたい」
野「夏じゃなくても行けるじゃん」
芥「夏にしかないアトラクションがあるんですよ。良く知らないけど」

とのことだったけれど、そういうこと知っていらっしゃる時点で詳しい気がします 笑。

芥「キャンプに行きたい」
千「それはいつ?」
芥「秋」
野「秋?」
芥「夏でもいいけど。川で泳ぎたい」

あと、ここでだったかな、流しそうめんしたい、って話が出たの。
外でできないから千歳家で、って話になって、「みんな、うちをうちと思ってないよね」と千歳さんが若干げんなりしていらっしゃった…笑。

あ、質問もうひとつあって、そちらが「夏にやり残したこと」だった気がするから、上記内容、たぶんふたつの質問が混ざっている気がしてきた(わたしの記憶が)。

追加すると、夏にやり残したこと、で芥くんがプール行きたい、って言ってて、千歳さんが「プールいいね」って乗ってきたのですが、「ここ3人、ダイバースーツ着ていないとプールに入れない身体だからね…(タトゥー的な意味で)」とのこと。

わたし、"まばゆいひかり"インストは結局4ヶ所参加したことになるのですが、この日以外はすべてライブ前インストだったため、サイン会があるインストは前作ぶりで。なんだかとても久しぶりに、ライブの感想とか、直接お伝えできた気がします。

一番印象的なのが、千歳さんとの会話。

珂「(名古屋の)クラウザーさんすごかったです。とにかく、すごかった、としか表現ができないんですけど」
千「あれね、とある星空の下のときにふと思ったんだけど、これ、どうなのかなー、って」
珂「…シュールでした」
千「シュールだったかー…」

※シュール ― 発想などが超現実的であること

…わたし、シュールの使い方まちがってるんじゃね…?
(だけど、千歳さんを見た瞬間、現実に引き戻されると思えば。いや、それもどうなんだ、という気が)


んと、2shotチェキ。成人さんに「誰と撮るかお伺いしまーす」と訊かれ、野中さんに撮影されるという不思議図式でした。新鮮すぎる。

だけど、できあがりが、すこし斜めに撮影されたおしゃれ仕様で、個人的に、これまで撮ってもらった6shotや2shotのなかで一番良い写りだった気がする。野中さん、ありがとう!

そんな感じで、非常に楽しい時間でした。

8.29 Chantyインスト / 名古屋fiveStars

当日参加可能だったら行こうかな、というゆるい状態でのお宿出発からの活動スタートでしたが、無事、当日購入でも参加可能ということだったので、参加してきました。これで"まばゆいひかり"何枚目だろう(数えないほうが身のためです…笑)。

fiveStarsさんへ行くのは、Dollyの絵本朗読会インストぶり。あのときは座布団だったけれど、本日は椅子。最近、椅子ありインストをしてくださるところが増えてきましたね(助かる)。

本日はメンバーが登場する前に、店長さんが、お客さんがいる前で仕込んどいて、とメンバーに言われたので、ということで仕込みを開始(罰ゲーム有マル秘ゲームバトル+6shot撮影会という内容でした)。
おいなりさん(うち、カラシ入り1つ)、お茶(うち、お酢+お茶1つ、お酢原液3つ)、シュークリーム(うち、わさび入り1つ、上にわさびのついているフェイク2つ)、サンドイッチ(わさび入り1つ)、トマトジュース(うち、タバスコ入り1つ)という5戦。お茶のフェイクがすごいけど、このあたりから会場に蔓延する酢酸臭wwwww

メンバーは後方の入口から入ってくる形。仙台での自家製牛タン再販売(仮)のときのパジャマ姿…!
千歳さんの髪色がミルクティー色になっていたり、芥くんが眼帯していたり、と、おおおっ? となりつつ、インストスタート。
位置はシモテから、千歳さん、シアさん、芥くん、野中さん、成人さん、でした。

ロシアンルーレット、ということで自己紹介後、さっそくおいなりさんをセレクトするメンバー。お盆にお皿を乗せて、メンバーたちの机上まで運んでくださる店長さん。
そして、選ぶ順を決めるくじまで準備してあるあたり、メンバーの仕込みすごいな、と思ったり 笑。

一斉に口に入れて、見事ハズレを引きあてた芥くん。だいぶつらそうでした(そして店長さんが差し出してくださった袋がビジュアル袋と命名され、メンバーガードのもと、使用されたりされなかったり。「吐き出したりしないよ、だって僕らビジュアル系だからねっ」とは千歳さん談 笑)。

お茶がとてもカオスでした。5つ並ぶと1つだけ色が違って。このときは千歳さん→シアさん→野中さん→成人さん→芥くんの順番だったかな。
もちろん同じ色のを選んでいくメンバーだったのだけれど(においをかぐのは禁止)、成人さんが選ぶ段になって突如野中さんが「これ、1つだけ正解やったら怖いねんけどな」と一言。成人さん、「俺もそれを警戒してるんだけど」と言いつつ他3人と同じ色のを選び…。

で、このときは残り物に福がある状態。
「fiveStarsさんが出してくれたお茶が飲めないのか」と煽る芥くんに、飲みきって渋い顔をするメンバー。成人さんが結構平然と飲みきっていらっしゃったのは、あれがお茶が混ざった酢だったからかな。
「俺、買い出しに行ったときに、あれ? お酢って色が薄いんだ、って思ってたのに」と野中さんから衝撃の発言。だけどまさかハズレが4つとは思わず選んでしまったそうです。

そして、シュークリームでは野中さんがハズレを引き、サンドイッチでは本日バースデーなシアさんがハズレを引き(ビジュアル袋大活躍)、トマトジュースでは千歳さんがハズレを引くという結果に。
(千歳さんはトマトが嫌いだそうで、どちらが当たっても罰ゲームのような感じだったらしい。タバスコ入り、他メンバーはにおいかいだ瞬間、これはあかん、って感じだったのに、成人さんは平然の一口飲んでみてた、そして残りを飲みきる千歳さん、すごい)

ということで、2敗となった千歳さんがこの日のライブで罰ゲームをされるということになりました。いったいどんな罰ゲームなのか、乞うご期待…!


※余談ですが、6shot撮影会では酢のにおいに噎せるお客さんが続出していた模様(わたしは、どうやら鼻が慣れてしまっていたらしく、そんなに感じなかった(人、それを麻痺という))

7.12 Chantyインスト / 新潟R.I.P

2014072117330000.jpg

この日は芥くんプロデュースのインストアイベント。前日の仙台が延期となってしまったため、メンバープロデュース企画としては初のインストになったり。
質問用紙には、恋愛系の質問以外禁止、と書かれておりました 笑。

いままでのインストって、千歳さんから登場していたから、芥くんが先頭で登場するのって不思議な感じ(並びは、下手から、芥くん、野中さん、千歳さん、成人さん、shia.さん)。
いつもの衣装に、…すこし雰囲気が違う?

アクタンヌーボということで、メンバー全員チークが濃く、女の子設定。「女言葉もといオカマ言葉縛り」ということで、shia子ちゃん、成子ちゃん、千歳ちゃん、拓ちゃん、芥子さん、ということで自己紹介やってたんだけど、最初がシアさんで、恥ずかしそうでかわいかった(「こんにちは、シア子よ」とがんばっていらっしゃいました 笑)。
千歳さんと芥くんはサマになってたw

だいぶ失念しているところもあるのですが、こんな感じだったんだなー、という雰囲気が伝われば幸いです♪

森羅万象 Another Story at Osaka

201106111641000.jpg
昨日は久々に心斎橋でのライブでしたー(笑)。FAN J-twiceいつぶりなんだろう。昨年2月の森羅万象ぶり?
心斎橋、ライブハウスありすぎて大変です。しかもこの日はBIC CATでvistlip、MUSEでSadie、あとは梅田でlynch.のライブもあっていたようで、バンギャルも大変です。

highfashion〜以外は少なくとも1回は観たことがあるバンドさんだったのですが、いい意味で以前と印象が変わりました。9GOATSが特に。
そして初見のhighfashin〜にも驚きでした。このバンド(というかユニット)は、あまりに独特すぎる。ステージから目を離せない。

amber gris、ますますアルバムが楽しみになった。次に観れるのはワンマンなので、それまでに期待を膨らませておきます。

そしてMoranがとてもよかった。よかったというか、言葉ではあらわせない感情をもらった気がします。Hitomiさんの言葉が、Holicに対する愛情が、とてもあたたかくて充たされる。
とても、とても素敵。
9月ワンマン、名阪行きたくなりました。それどころか夏の森羅予定を増やしたく…むむむ。

どのバンドも独特で、でも根底では近しいものもあって、やっぱりライブっていう空間はかけがえのないものだなぁ、と再認識させられました。
迷っていても、結局は、行ってよかった、って思うんだもの。
行かないでする後悔よりも、行ってする後悔! …うん。


〈出順〉
amber gris
-OZ-
highfashionparalyze
9GOATS BLACK OUT
Moran

NEO FASCIO at Osaka

201106051633000.jpg
そして、すでに今年何度目かわからない江坂MUSEです。
なんか、今年の大阪は江坂ミュばっかりに来てる気がする。

今日はツイッタラーのJewelryさんたちともお会いできて、楽しさ倍増でした。
もうね、Duelライブ自体も楽しいんだけれど、Jewelryさんたちとお会いできるのも楽しいの!
開演前から終演後まで本当に楽しかったでした。

前日はそんなことなかったのに、この日はνがおかしかった(というのもなんですが)!
華遊さんの変わりようがおもしろかったw

どのバンドも楽しめるのっていいなー、と思います。
Duel以外のバンドさんも、また対バンで観る機会がありそうですし、楽しみです。


〈出順〉
ν[NEW]
DuelJewel
R指定
ZUCK

NEO FASCIO at Nagoya

201106042043000.jpg
はいはーい、そんなわけで今週2度目のDuelです。
いや、このライブ発表されたときはまだ振替公演の日程発表されていなかったから、こんなことになるなんて思ってなかったんだって(笑)。

最近、指定さんが楽しいので、指定が一緒なのもうれしかったり。
正直言って、福岡盤時代はそんなにあれだったんですが、AUBEと対バンでよく観るようになって、楽しさがわかってきました。そういう意味でも、AUBEに感謝しています。

でだ、指定、衣裳が変わってて、マモさんの黒スーツ姿がかなりツボでした。でもスーツ脱ぐとリーマンみたいだよw あんなリーマン職場にいたら仕事はかどるわw

閑話休題。
Duelさんはトリだったわけですが、まさかのLast Letter始まりですごくうれしかった。
もしかしたら、ワンマンが当初のとおり3月に行なわれていたら、やってたかもしれないな、と思う。
赤ブリみたいな広いハコでも、ell. FITS ALLみたいなハコでも楽しさは変わらない。
やっぱりDuelが好きだなー、と思ったであります。


〈出順〉
ZUCK
ν[new]
R指定
DuelJewel

Dear Lapidary at Tokyo

 201105311757000.jpg
3月13日に行なわれるはずだった今公演。ようやく振替公演が決まり、この日を迎えることが出来ました。
メンバー側も並々ならぬ想いを持ってこの場に臨んでいるのがブログだったりつぶやきだったりで伝わってきていたからこそ、この日が待ち遠しくてしかたがなかったです。

もう、いつのまにDuel単体で遠征するようになっちゃったんだろうね(笑)。

赤ブリ、Angelo以来だったんですけど、Duelにはこんなにも広いステージも似合うんだ、ってうれしくなりました。
DuelJewelを知ったのはCANNONBALL vol.2収録の"betray”。たしか、CANNONBALL買ったのは七三式が入ってたからだったかな? そこで気になって、ようやくライブ観れたのが数年後だったような…(福岡での初Duelがなかなかなかったので)。

Duelさん、来年が結成10周年だそうなので、その半分を観ているか観ていないか、というところなんですけど、なんだかとても、感慨深いです。

7月には東名阪ワンマンもあるし、8月には森羅万象もあるし、これからもDuelさんを追いかけていきますよー!

xTRiPx主催“sound that mixed in Be-1 ” at Fukuoka

201105231801000.jpg
今日は定時ちょいすぎダッシュでBe-1へ。
着いたときには1バンド目が終わり、ちょうど転換中でした。
熊本と出順がちょっと変わっていたのでどうなるかと思いきや、AUBEはトリ前定着。やはり、年齢的にも先輩格だからかしら(笑)。

今日は平日だったし、ライブが発表されたのが1ヶ月前くらいだったからか、少し動員少なめな感じでして、AUBEのときは二段目センターに行けました。
それでも両隣、0.5人分くらい空いている感じで。
海斗ガン見しながら、おもいっきり楽しんできました(笑)。

新曲が好きだなー(幾千のー、とか、いとしくていとしくて、とか入ってるやつ)。
もう、AUBEさん、音源になってない曲が多いから(ってか一回しか聞いてない曲もある。WESTでやってたバラードとか結構好きだったので、ボツられていたら地味にショック)、ライブで聞いて覚えるしか。

今日は仕事で、えーっ、っていうことがあって、どうしてライブの日なのにこういうことが起きるのかと思っていたのですが、逆に、ライブの日でよかったなー、と思いました。もやっとしていたものすべて霧散した。明日からもがんばる、って思えた。

永遠や絶対がないことなんて、わかりすぎているほどわかっている。
去年だってブギのことがあったし、PIERROTやガイズのこともあって、かならずなんらかの形で終わりが来ることも知っている。
でも、だからこそ、終わりが来るまでのあいだ、少しでも多く、少しでも長く観ていたい。彼らが創りだす景色を観ていたい。後悔だけは、絶対にしたくない。だから、多少無理してでも、これからもできるだけ通い続けるんだろうな。

そんなことを思ってしまうくらい、今日のライブは幸せでした。AUBEが好きで好きで仕方がないんだなー、って感じてしまって、本当に多幸感でいっぱいになった。
これからも、こんな時間が、できるだけ長く、できるだけ多く、続きますように。


〈出順〉
(スカーレット)
Ap(r)il
Cat fisT
江戸川パラドクス
AUBE
xTRiPx


〈web拍手御礼〉
すっかりバンギャルブログと化してしまっているにもかかわらず、拍手ありがとうございます! うれしい(T_T)

| 1/46PAGES | >>