スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

近況報告のようなもの

なかなかにポメラひらく余裕もないまま、8月中旬に突入していました。いやぁ、早い。今週末はレポ書き時間を取れそうなので、たまりにたまっているレポを進めたいところ。

さて、8月の無茶っぽいスケジュールを絶賛敢行中なわけですが(あっ、でも気になってはいた本日のライブには結局行かなかったし、18日のも見送る予定ではある。代わりに27日の仙台に行きたくてry)、特筆すべきはまたもや台風とニアミスしたことですかね…笑。

先週末、東京→福岡を18きっぷ+MLながら+新幹線(新山口―小倉)、で向かう予定だったのですが(17:30にはDRUM SONに着いているべく新幹線ワープ利用)、米原から相生行き快速乗ってて姫路着く直前に、上郡―糸崎間運転見合わせ中のアナウンス。もちろん、播州赤穂線も止まってる。

…時刻表の時間と新幹線の価格とにらめっこしました。

ひとまず姫路―広島を新幹線で行き、すでに購入していた新山口―小倉を払い戻し、広島から様子見しつつ在来線、小倉―博多間を再び新幹線という旅程に。
18きっぷで節約するつもりが、おもわぬ出費になりましたが、当初の予定+3000円程度で済んだのでよかった。そして開演の5分前には会場にたどりつけたよ、こちらもよかった。

今年二度目の台風とニアミスでしたが、なんとか無事、行きたいライブには行けているので、そこはよかったなぁ、と(同日同時刻、ツイッター上の各地の遠征バンギャル勢の画策っぷりも励みになりましたっ。バンギャルたくましい 笑)。

この日、どうしても福岡でのライブに行きたかったのは、ベルモザイクが出ていたからなのですが、改めて考えてみると、不思議な縁に気づかされる。

ベルモザイクを初めて観たのは大阪、そして二度目に観たのは福岡。
ベルモザイクを最後に観るのは大阪、そしてその前に観るのは福岡。

2という数字にも縁があるのかも。シャンティとの対バンも2回だったし。

結局、ベルモザイクを知ってからの10ヶ月で、ようやく両手で数えることのできる数のライブを観ることができたわけで、わたしが観れるのは、あとはもう、ラストワンマンだけなのだけれど、それがちょうど10回目。
10回といえば、たしかDOPES.のライブも、観ることができたのは10回だったなぁ、とか考えてしまったりして。
なかなかに複雑な気持ちです。

そんなことを思いつつ、明日仕事が終わったら、夜バスで東京行ってきます。

今週末は都内2days!

思い出迷子

2014071523040001.jpg
新潟で買ってきた、新潟チップスをmgmgしてます。
これ、お米チップスなんですけど、ポテトチップスとお煎餅の中間な感じでおいしい。

新潟から帰ってきて、まだ三日しか経っていないというのに、なんだか思い出迷子です。
ほんと、先週末は楽しい遠征だったよー。
仙台新潟を選んだから名阪はあきらめたつもりだったのに、せめて金曜日の大阪に行きたくて仕方がなくなっています。さ、さんじかんねんきゅうがとれれば、かいえんにはまにあうしry

先月、1本もシャンティを観に行けなかったこともあって、約1ヶ月半ぶりのシャンティライブだったんですけど、シャンティだけでなく、イベント通してものすごく楽しくって、うっかり追加したくなってる今日この頃。

延期の仙台がいつになるかとか、行けるかどうかはまだ不明だから、主催、もう1本行っておきたい、と思っての大阪です。
あした、仕事が平和だったら、しれっと、休んでもいいですか、と上司に告げてみようかな 笑。

あ、そういえば新潟からの飛行機のなかで、ポメラちゃんでインストレポぽちぽちやってましたので、久しぶりにレポアップできそうです。
自己満足なのはわかってるんだけど、思い出しながら書いてる瞬間っていうのも楽しくって楽しくって。

いろんな楽しさを思い出した遠征だったかも。

しかし、帰ってきたとたん、仕事が山積みだったりしたので、金曜に急遽カジュアル遠征できるくらいに片付けねばです。

金曜日、どうなるのかは乞うご期待。

都内遠征中

さてさて、今現在都内にいる珂南です。

…言わずとしれた遠征です。

本当だったら本日昼イチの飛行機で東京入りする予定だったのですが、台風の影響で飛行機飛ぶかどうか微妙だったので、半休から全休に変えて、夜バスで東京入りしたわけなのですが、九州北部、ふつうに高速動いてるし飛行機飛んでるみたいですね。なんと。

まあ、本日16時半開演なので、ちょっとでも遅延したら1バンドめに間に合うか微妙なところだったので、最初っから安心して観れるのはよかったかな。

しかし、明日のシャンティ仙台公演が台風を懸念しての延期となってしまったので、どのような移動にするか悩み中であります。むーん。
瑞鳳殿あたり、観光に行こうかな。メディアテークも気になる。

…と、どんな経路でどんな遠征すんの、って感じなのって感じなので、そろそろスケジュールをアップしてみます。

あー、あいかわらずなのね、と生温かく見守ってやってください 笑。

最適なサイズとは…?

昨日のブログを見直してみると、画像が微妙だなぁ、と気づく。

んと、2年前の冬に、オカルト的な壊れ方をして先代の携帯さんが遠くへ行ってしまったわけなのですが(ボタンを押していないのに下スクロールが止まらなくなる)、現在の携帯になって写真撮りやすくなったのに、ブログへの投稿時の大きさを計りかねております。

あんまり大きくても携帯で見づらいし(いまだに自分がガラパゴスユーザーなので特に)、かといって以前のサイズって特に設定していたわけじゃないし。

しばらく試行錯誤してみます。

さて、携帯のこともそうですが、ろくにブログ書いていないあいだに、それなりにいろんなことが起こっておりました。

一番大きいのは、今年の4月に係が異動になったことかな。
前係に4年いたので、そろそろかな、という予感もあったのですが、前係に欠員が生じていたことや、退職で2人確実に入れ替わることもあって、この状態で動かされることはないだろう、という気持ちもあったのですが、容赦なく動かされたよね…笑。
異動先は同じ課内の別係だったのですが、すこーん、とわたしがそこへ押し出され、異動先の方も隣の係へ押し出され、その方の異動先の方がわたしの元係へ、という事故っぷり。しかも、みなバタバタする会計系の係のため、そんな忙しいとこに配置されるぐらいなら、もう1年いまの係にいるわ! と思いましたよ、心底。この異動のことは、玉突き事故と称しています 笑。3月31日、気がつけば3人とも、23時過ぎまで物理的な移動が終わらなくてバタバタしていたのも懐かしいw

そんなわけで、これまで図書関係の係にいたのですが、現在は雑誌関係の係に配属されています。
4月からもいろいろありましたが(キリト兄さん的端折り)、なんとかなっています(そして、容赦なく年休使って遠征もできている)。

そうそう、4月といえばPIERROTの復活発表にびっくりしたよー!

発表された当初は、内心、複雑怪奇極まりなく、もやもやとしていましたが、その翌週に開催されたツアー初日に参戦して、キリトの言葉を聞いたら途端にもやもやとした気持ちが霧散したものだから、今では純粋に楽しみです。10月、2日とも行くし、8月のフィルムギグも行くよー!

そんな感じの現在です。

たとえばそう、アンネにとってのキティのような

2014070722430000.jpg
昨日、これからわたしの相棒になってくれるであろう子をお迎えしました。


念願叶っての、ポメラちゃん、こと、デジタルメモ pomera DM100です。


以前より、気になって気になって仕方がなかったのですが、だいたい東京遠征1回分くらいのお値段。
なんとなく躊躇しちゃって、延ばし延ばしになって今に至ります。そんなわたしの背中を押してくれたのがボーナスさんであったことは、言うまでもありません 笑。

最近、なんとなく気づいたことがあって、どうしてためらいもなく遠征したりCD買ったりできるのに、ちょっとしたものを買うのには迷ってしまうのだろう? という、バンギャルさんが一度は陥ってしまいそうな命題。

そんなの、音楽が生活の中心、基準になっているからに決まってry




そんな、遠征にも気軽に連れて行けそうなポメラちゃんです。

学生時代はあんなに、携帯でぽちぽちレポ書いていたのに、今では長時間携帯で何かを書き込むのが億劫になり、家ではあんまりパソコンさわる時間もなくなったからネットも解約しちゃって、というのがブログ更新がめっきりなくなった理由の大部だったりするのですが、これからは言葉に表す頻度も増えそうで、わくわくしています。

ポメラは、わたしにとって、一種の賭けでもあったりするわけです。
ふたたび、物書きをするのか、っていう、ね。

もちろん、書きたいなら、手段が乏しくても書くことはできるわけで、なのに書けないことを理由に書いていなかったのは、続けるとも辞めるとも明言できないものがあったわけで。

さて、そのための手段を得たからには、言い訳はできない。
ほんとうは、書きたいの? それとも、書かなくても平気なの? そういうことを確かめる一助なのかもしれません。

なにはともあれ、ポメラとの旅は始まったばかり。

どのような結末を迎えるかは、これからのお楽しみ。

それでは、おひさしぶりの再開となりますが、みなさま、よろしくお願いいたします。



〈追記〉
ポメラで文章書いて、QRコードに変換して、携帯で読み込んで、っていうのがスムーズにできて感激しました…!
ポメラちゃん、できる子!

最近の出来事

201204291428001.jpg
さてさて、GWも後半に入り、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
東京へ向かう夜バス車内からお送りしております。

……うん、GW前半、いろいろあってだね。
ちょっと振り返ってみる。

4/28の土曜日は自宅でまったりすごしておりましたが、4/29-30に大学時代のサークル仲間たちと八代の立神峡公園のキャンプ場へキャンプへ行ってきました(画像はキャンプ場内の川。さすがに飛石渡る勇気はなかった…!)。
卒業してから、結構な年数経過しているわけですが、みんな相変わらずだなー、と(笑)。
わたし、院まで行っていたこともあり、6〜7コ下の子まではぎりぎり面識があるのですが、今回は現役の参加者もいらっしゃって、最大で一回り年が離れていてびっくりだよ…!
後輩の大方が社会人になっているのも不思議な感じでした。

キャンプ場着くまでにオリエンテーリング用意されてたり、サークル時代を想起させるものも準備されていて、企画者には感謝の気持ちでいっぱいです。
バーベキューとか、小雨降るなかでファイヤーとか、あのノリは当時のままだなー、と思いました。

大学時代が懐かしかったし、とてもとても楽しかった。そのことも相まって、あまりお酒飲めないんだけど、この日はいつもより多めに飲んじゃったよ(笑)。

非日常へのタイムスリップ。そんな感じ。


そして、30日の15時くらいに帰宅したわけなのですが、私が帰りついて数十分後に帰宅してきた母より、母方の祖母が亡くなったことを知らされました。
祖父が亡くなってから17年、祖母は一人暮らしだったのですが、前日の夜に、母と夕食を共にして、母が帰ったあと、入浴中に心疾患で亡くなっていたそうです。
翌日、祖母宅の隣に住む、祖母のいとこさんが、あまりに返事がないことを不審がって、中に入ったらそういう状態の祖母を見つけた、ということでした。

祖母、一人暮らしだったから、検死とか状況調査とかもあったみたいで、それが午後までかかっていて、私に連絡する余裕がなかった、ということだったのだけれど、信じられなかった。
その前の週の日曜日に、私も祖母と会っていたから。
元気そうに見えたし、「またね」って言葉を交わしていたのに。

だけど、祖母が亡くなったその日、母が祖母に会いに行っていたことが救いでした。あとね、28日に「明日おばあちゃんのところ行くなら見せてあげたら」って、弟(現在、青年海外協力隊で海外在住)にまつわるものを母に託していたんだけど、それも見せていてくれてたから。

母方の家系はちょっと複雑であるし、母は一人娘になるので、どうしてあの日訪ねて行かなかったんだろう、とか母が後悔することにならなかったので不幸中の幸いだったかな、と思います。
幼少時代のことはいろいろあるのかもしれないけれど、現在の悔いが少ないのであれば、すこし救われるかな、と思います。

私が帰ってきて知ることになったことも、おばあちゃんが、私がキャンプ楽しみにしているの知って、帰ってくるまで知らせるの待ってくれていたようにも感じるよ。

火葬場にも行って、お骨になったのも見ているのに、まだまだ実感がわかない。
祖母宅を訪ねたら、ひょっこり顔を現しそうな気がする。

じつをいうとそれは、父のことについても言えることだったりします。
いまはただ、どこかに行っているだけで、ふと帰ってきそうだね、って。

こういう感覚に陥るから、生と死は断絶されたものではなく、一続きにつながっているものであるという生命主義的な思想が生まれるのかもしれない。


そういうわけで、30日に通夜、5/1に葬儀でした。

で、忌引は3日まで取れる、って言われたけど、落ち着かないので2日には年休取り下げて出勤してきました。GW中、システム止まるから、4月分の決算取りまとめ、できるとこまでやっておきたかったし。

30日の時点で遠征日程を白紙に戻したのだけど、どうしてもアドミニの解散ライブだけは行っておきたくて、それでいま、東京へ向かっているわけです。
明日ライブ観たらまた夜バスで帰ってくるけどね。
6日だと思っていた初七日が5日であること発覚したので、5日に博多着いたら新幹線で熊本戻る予定です。
…初めて九州新幹線乗るよ…!

そういうわけで、明日はAdministratorの解散ライブ。
昨年、初ワンマンをやった5/6からほぼ一年、同じ曜日に、同じ高田馬場AREAで。
昨年のGWにはヴィドールの解体ライブがあって、数年前にはガイズファミリーの解散事後報告があって。
意外と哀しい思い出も多いんだな、と気付かされるGWです。

一音たりとも取りこぼさないように、一瞬一瞬を記憶に焼き付けてこれるように。

たくさんのありがとうと大好きを抱えて、最後まで見届けにいってきます。

初心忘るるべからず

というわけで、ひとまず最近の分をアップしてみました。それ以前の分は、順次、書ける範囲で書いてひっそりアップしてるかも(基本、ツイッターでつぶやいていた感想をもとにレポ書いてます)。

なんだか、久々にレポ書くの楽しいなー、って感覚に陥りました。このままの調子で書いていけたらなぁ、と思うけれど、あとは時間との戦いですかね。余裕があれば…!

ちゃんと書きたい、っていう衝動に駆られた一番大きな理由は、2/17のShock wave アポロを途中離脱せざるをえなかったことかもしれない。あの日、アドミニを最後まで観れなくて、セトリが気になって検索してみたりしたけれど、載せていらっしゃる方のところまでたどり着けなくて、翌月のSHOXXが出てようやくセトリを知ることができたぐらいだったから、おなじようにやきもきしている人もいるかもしれない、って思って。
自分が行くことができたライブの雰囲気を、行きたかったのに行くことができなかった方にもお裾分けできればいいな、って改めて思ったのでした。初心忘るるべからず。

お裾分けになっていればいいのだけれど(゜_゜)


〈web拍手御礼〉
日々拍手ありがとうございます!
いただいた拍手も私にとっての書く糧になっております。励まされております〜。

高松観光記

というわけで、先週末の土曜日は高松遠征していました。
1年半ぶり、2度目の高松遠征。往復共に夜バスだったわけですが、朝到着したときは、ようやく雨がやんだ、って感じだったのに、どんどん晴れてきて、観光日和でした。

201204140752000.jpg
アピールされるうどん県。

レンタサイクル(24時間以内利用で100円)、超便利だよ、高松!
まずは前回行けなかった本場のうどん屋さんへ。香川出身の同期からオススメいただいていた「さか枝」さんへ行ってまいりました。

201204140834000.jpg
注文してから、かけうどんにすればおもしろかったのに、と思ったけど(香川のセルフ方式おもしろいよ)、釜玉うどんおいしかった!

201204140917000.jpg
それから、こちらはバンギャルクラスタさんからオススメいただいた栗林公園までチャリを走らす。

201204140948000.jpg

201204140943000.jpg

201204140938000.jpg
九州では終わりがけの桜も、香川ではまだまだ健在でした。

201204140922000.jpg

201204141017000.jpg
園内のんびりまわった。時間があったら抹茶いただいてもよかったかも。

201204141141000.jpg
その後、海岸沿いをチャリで疾走してみたり。この突当たりにある赤灯台のふもとまで。

201204141138000.jpg


それから、お昼もうどん。今回は、ご一緒してくださったAUBEファンさんのオススメ処。こちらも地元の方・観光客が行列になっていました。

201204141231000.jpg
そして再びかけうどんではなく、釜あげうどんを頼んでしまったわたくし。今回は野菜てんぷらも一緒に。こちらもおいしかった。

今回の観光はこんな感じだったのですが、玉藻公園もアーケード散策もうどん屋さんめぐりもまだまだ行きたいとこいっぱいあるので、また高松行きたいですよー!

〈web拍手御礼〉
ぱちぱち拍手ありがとうございます♪
こんな感じで、今年はブログ復帰していく所存ですので、改めましてよろしくお願いいたします☆

想いを綴るということ

(※昨日更新していたはずなのに本文反映されていなくて愕然としたあとでの書き直しです)

不思議なもので、最近、ツイッターでお知り合いになったと思っていた方から、じつはブログを見ていました、と伺う機会が結構ありまして、ネットの世界って意外と狭いなぁ、と感じている次第です。
まったく更新していないあいだも拍手等いただいていたりして、この場を借りて、みなさま、ありがとうございます、と御礼申し上げます。
やっぱりね、こんな仮想世界の片隅なのに、だれかが見ていてくださっているということはうれしいものです。

そのこともあってか、文章が書きたくてたまらなくなりました。つぶやきだけではなくて、長文書きたい。創作もしたい。
たぶんそれは、解散へ向かうアドミニをリアルタイムで観ていることと先日のレドリック主催を観て感じたことが大きいのかもしれないな、と思います。
「いま」感じていることをきちんと書き残しておきたいと、そう思うのです。

けれど、言葉として残すことと五感で感じたこと、どちらの記憶が鮮明なのだろう。

読み返したときに、そうだったそうだった、と思うのと、ふいにふれた感覚で記憶が呼び覚まされるのと、どちらが鮮やかなのだろう。

感覚が覚えている記憶、で真っ先に思い出すのは、汗ばむ陽気に、むせかえるほどの百合の匂い、それらにあてられたようにぼうっとしてしまって、そこが本当に現実なのかわからなくなったあの日のこと。
場内はひんやりとしていて、別世界のようだった、2008年7月14日、世界の終わりの一幕。

結局のところ、そのとき感じた感覚・感情を残す手段が書くこと、言葉なのかな。
どちらが優先ではなく、相互で支えあっている感じ。

…うん、なにが書きたいのかわからなくなってきた(今回のは盛大な独り言だと思ってください)。

でもきっと、残しておきたいことがたくさん芽生えてきた、ってことなんだと思う。
つぶやきだけじゃたりない。

きっとたぶん、そういうこと。

ご無沙汰です

どうもどうも、ずいぶんご無沙汰しております、珂南です。
ブログ書いていないあいだもいろいろありました。

まず、ノベル大賞に投稿してきました!
ここ2~3年、投稿から離れ気味だったのですが、ようやく。再び書きたいという思いが強くなりまして。今回、改稿ではあったのですが、3年前に書いたときのよりも、はるかによくなった(と思いたい)原稿を出してこれましたです。
脱稿後の晴れやかな気持ち、久々に味わうと、やっぱりいいですね(笑)。

そして、あいかわらず、週末遠征敢行中です。
今回はstylish waveでさいたま新都心とAUBEワンマンで渋谷!
アドミニとAUBE!

楽しみですです。


〈web拍手御礼〉
更新がおそろしく減っているなか、拍手ありがとうございました!
忘れないでいてくださる方がいらっしゃる、とうれしくて涙しそうです。ありがとうございます〜。

>雛さん
 大変遅くなりましたが、メッセありがとうございました! イラストいいなー、装丁も素敵だなー、と思いながら、うふうふして手に取りましたですよ。
 ちゃんと時間を取って、ゆっくり拝読させていただきますね☆
 ひそかに雛さんの死闘のようすを窺いながら、私もノベルがんばろう、と思ったのでした。やる気をどうもありがとうございました!

| 1/78PAGES | >>